<< 一週間 そういえば >>

ソフィア、詠と絆と涙を抱いて



ねえ、ネイト──
あなたはいったい何色の詠使いになりたいの?



……カインツ、わたしと初めて会った時のこと覚えてるかしら
……あの時、わたしがどんな気持ちであなたを待っていたと思う?


Elma sia Risis ele Selahphenoria 終わる一つの物語、終わる一つの世界の中で


Miqu, clue-l-solitis mis celaわたしは始まりの歌の夢を見る



「誰も、誰一人助けられないなんて、それなら……
それなら人(ぼくたち)の名詠式は、いったい何のためにあるの」

f0084850_22344835.jpg


何より暗い夜明け前、星明かりもない夜(シャオ)の道。
時は散り、光は凍り、全ての風の砕ける時が迫るその中で──
それでも彼女の信じる少年は、夜明けに向かって歩きだす。


……ありがとう。
こんなにも姉さんを愛してくれて。


あの日彼女に言われたことを、僕は決して忘れない


そう、あなたは詠わなければならない。
夜色の少女と虹色の少年、かつての子供たちが描いた夢の軌跡を、
──あなたが受け継がなければならないの



Ris sia sophia, leide-lis, clue-l-sophie neckt rein 輝く白夜の光の中に、詠と絆と涙を抱いて


Kyel-fes Sophit ele vel xephそしてあなたは、微笑むように泣くでしょう

[PR]
by sazanek | 2009-03-17 22:38 | 刊行予告
<< 一週間 そういえば >>