「ほっ」と。キャンペーン
<< 詠の先に 8月と9月と >>

夜明け色の詠使い











はじまりは、いつだったのだろう













"プレゼント。キミのローブもだいぶ汚れちゃったみたいだからね"
"夜色名詠が元々暗い感じの色なんだから、さっぱりした色の服を着た方がコントラスト
が綺麗だと思うよ──いつかまた、あの夜色飛びトカゲを肩に乗せた時もね"



すぐ帰ってきます。
必ず、そろって帰ってきますから。クルーエルさんも一緒に

夜奏 『あなたは夜明けに微笑んで』
f0084850_18285448.jpg


"どちらか1個選べ。祓名民か、名詠学校かをな"

なーに言ってんだか。
誰の娘だと思ってんの。あたしを信用なさいって。

夜奏『奏でる少女の旋律は』
f0084850_1829681.jpg


"好い風が吹いてきたじゃないか。なあレフィス"

あんた、そのためにここまで来たっていうのか……俺のために。
──無駄にはしないよ。

夜奏『傷持てし者の詩、謳え敗者の王』
f0084850_18291922.jpg


"調律者の二体、ミクヴェクスとアマデウス。その二体の勝負の原則は、
どちらが先に人の世界に名詠されるか"


ネイト、早くおいで。
あなたの最後の答えを聴くためにまってるから

空奏『そしてシャオの礼讃来たり』
f0084850_1829316.jpg



──最終楽章・歌うような口づけで──


「大将からの伝言だ。『一番上で待ってるよ』だとさ」

「もう時間がないんだろ? だから行け、お前が行かなかったらここまで来た意味がない」
「そんな寂しそうな顔しないの。ほら、気合い入れな!」


Dea Neightis sheon rien-c-soaその日少女と紡いだ歌を


真奏『全ての歌を夢見る子供たちの塔』
f0084850_1829457.jpg


「うん、みんなバラバラ。でもそれでいいの」
「みんな一番自分らしい応援で、ネイト君にクルルにエイダ、レフィス君が戻ってくるのを
お祈りするんだから」


ris neoles io, ris steric getie-l-lement Iveia, Ee nes今なお夜明けの少年は、心の奥に抱いている。

真奏『百億の星に少女は祈り』
f0084850_18295840.jpg


「行くよアルヴィル、これが最後だ」
「やり残してたんだ、俺は、ヨシュアと違う方法でヨシュアを超えなくちゃだめなんだ」

「……ありがとう」


Deris bie eche kis meh warbis-l-xeoi ymy sink I  どれだけ時間が流れても、あの日の約束は忘れはしない

真奏『新約の扉、汝ミクヴァへ挑む者』
f0084850_18301248.jpg


始まりは、いつだったのだろう。

愚かな竜と愚かな蛇の争い。名詠式の誕生。
空白名詠。夜色名詠。虹色名詠。
どれもが始まりと呼ぶにふさわしく、だからこそ、どれも絶対の始まりと呼ぶには
及ばない。
だからこそ、僕にとっての始まりは──


Ris sia sophia, De elmei lue, miqvy haul arsic valen mis-la……その詠は、きっと君へと続く歌

真奏『踊る世界、始まりの調律』
f0084850_18303326.jpg


完全なる歌の連鎖。
完全なる歌の共鳴。
人の身には決して再現できぬであろう、それは奇跡と言うべき現象でした。

はじめまして、と言いましょうか。優しき子。


hiz clar yum leya Kyel elmei neoles pheno noi-roo-xin君の下へ続く詠、それを探す物語

真奏『黄昏に愛された者よ、歌と絆と涙を抱いて』
f0084850_18304571.jpg


「それじゃあ一つだけお願いしていいかしら」
「……詠が聴きたいの」
「始まりの詠よ、夜明けの真言とでも言うべきかしら。
まだ誰も聴いたことのない詞と旋律。それを聴きたいの」


 ……ネイト、ありがとう。わたし……

Ris sia sophia, Neight ele, elmei Kyels riss Selah cela-s ── 夜明けの詠は巡り会う。その詠は────



真奏…………



…………



……



ありがとう。わたし……

キミのこと信じてたよ。──ずっと、ずっと最初から。




── Sophit ele Ende その詠は、きっと君に届くから

真奏『夜明け色の詠使い』
f0084850_2152433.jpg





ここまで『黄昏色の詠使い』をお読みくださった全ての方に感謝を。
どうぞ最後まで、ネイトとクルーエルの歩みを見守って頂けますよう、お願いいたします。
[PR]
by sazanek | 2009-08-18 21:56 | 刊行予告 | Trackback(1) | Comments(67)
トラックバックURL : http://sazane.exblog.jp/tb/11758847
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Seasidebreeze at 2010-05-06 23:51
タイトル : 黄昏色の詠使い イヴは夜明けに微笑んで(著:細音啓)
2010年このライトノベルがすごい!の6位に輝いた 「黄昏色の詠使い」シリーズの第1編は、私が2010年に 読んだ25冊目。... more
Commented by 星詠 at 2009-08-18 22:22 x
 こんばんは、初めましての星詠と申します。うわわ、もしかして1コメゲットでしょうかw
「黄昏色の詠使い」、一巻からずっと大切に読ませていただきました。ついに最終巻…一読者として何だかすごく感慨深いものがあります。クルーエルたちの物語はようやく終結に向かいますが、私の心の中ではいつだって彼女たちのオラトリオが響いています! 改めて、完結おめでとうございます、そして、こんな素敵な物語を書いてくださり、ありがとうございました。発売日が待ち遠しい…早速予約してきます。
Commented by 優那 at 2009-08-18 22:32 x
こんばんは。
黄昏色Ⅹ、楽しみすぎてやばいです。明後日が待ちきれないっ!!
どんな結末を迎えるのか、色々な想像をふくらませているのですが、うーん… きっと、どんな結末でも素直に受け止められるきがします。
もう、予告を読んだだけで泣きそうです!終わっちゃうのも寂しい。クルーエルと思われるセリフも切ない…。
ホントのほんとに、楽しみにしてますね!細音先生への感謝の気持ちと共に読みたいと思います。
Commented by 心葉 at 2009-08-18 22:57 x
最後まで、見届けさせていただきます。
最早、それ以外のことはないと思います。
Commented by F-shun at 2009-08-18 23:02 x
1コメとられた(笑
そして今回の予告(? がものすごく心に響きました!
これを見ると改めて『黄昏色の詠使い』終わるんだなと思ってしまいます

オレは、これから先このシリーズに勝る物は無いと言い切れます
ホントここまで、細音さんお疲れさまです。そしてこんな最高の物語を創ってくれてありがとうございます

あと、
イブマリーとカインツから始まった軌跡。そしてそれを辿って行くネイトとクルーエル
この物語の、そして二人の道行きをしっかり最後まで見届けます!
Commented by F-shun at 2009-08-18 23:02 x
1コメとられた(笑
そして今回の予告(? がものすごく心に響きました!
これを見ると改めて『黄昏色の詠使い』終わるんだなと思ってしまいます

オレは、これから先このシリーズに勝る物は無いと言い切れます
ホントここまで、細音さんお疲れさまです。そしてこんな最高の物語を創ってくれてありがとうございます

あと、
イブマリーとカインツから始まった軌跡。そしてそれを辿って行くネイトとクルーエル
この物語の、そして二人の道行きをしっかり最後まで見届けます!
Commented by kazusakanna at 2009-08-18 23:12 x
なんか予告がすげぇことに。

とりあえず、最終巻のこの予告。黄昏コミュに使わせていただきます。
今までも使ってきましたけどね。
Commented by takara-akua at 2009-08-18 23:29
予告を読み進めながら、ちょっとジーンとしてしまいました。
楽しみな反面、もう終わってしまうんだな……という気持ちもあったり。
もう今から、最終巻を読んで泣かないという自信が皆無です……
明後日、本当に楽しみにしています。
では。
Commented by 水紗 at 2009-08-18 23:54 x
相変わらず素敵な予告!最終巻が楽しみでなりません。…最後巻を読んだら泣きそうです……
Commented by シャンテ大好き at 2009-08-19 00:26 x
予告見ただけで涙腺決壊寸前でした。1行1行噛み締めながら読みたいと思います。来月の新刊も楽しみにしています!
Commented by 紀紗 at 2009-08-19 01:08 x
細音さんお久しぶりです。
久々にコメントをする時間があったので...
予告で各巻のタイトルを変えてる仕様は今巻の内容と関係が...??
なんだかドキドキしながら待っている反面、これで終わりなんだなって思ってしまいます。
でもこの終わり(黄昏)がまた新たな始まり(夜明け)になるんだなとも思いました。

ボクはまだ細音さんの世界に魅了されたいです。
これからも頑張って下さい!!
お疲れ様でした。
Commented by aftschool-student at 2009-08-19 01:10
ただただ、楽しみにしています。

じっくり、読んできます。
Commented at 2009-08-19 02:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by K・Y at 2009-08-19 02:57 x
遂に明日発売になってしまいましたね・・・・・・・感慨深い反面これで終わりだと思うと悲しいものがあります。
イブマリーとカインツ、そしてネイトとクルーエル。彼らの紡ぐ詠の結末、最後まで見届けます!!『黄昏』最高!!
Commented by ゆきうさ。 at 2009-08-19 04:58 x
うわー。うわー!!
すごい鳥肌立ちましたよ!!
「黄昏」から「夜明け」へ。
その最後の旋律を楽しみにしてますっ♪
あぁん、もー待ちきれないですよおおおー><
Commented by あみゅ at 2009-08-19 07:36 x
今僕の背中に電流が走ったような衝撃を感じました

今回で黄昏色の詠使いが終わってしまうのですね、少し寂しく感じますが始まりが終わりもありますし、この終わりが何かへの始まりだと信じて今はこの終わりを喜びたい思います。

細音先生、お疲れ様でした
Commented by yi1233_1 at 2009-08-19 09:26
細音さん,おはようございます。明日,≪黃昏色の詠使い≫の最終巻が発売ですね,私はちょっと寂しいですT^T
細音さん,本当にお疲れさまでした,こんな素晴らしいのノベルを作った。台湾は7巻が最新巻です,ちょっと遅いですが,私も最後まで貴方のことを応援します!
最後は一つの歌詞で,この気持ちを伝えます
「この気持ちを今あえて言葉にするなら
 『ありがとう』.....かな?」
Commented by k5 at 2009-08-19 09:36 x
まだ予告なのにジーンときてしまいました
最終巻楽しみにしてますね

ところで、各巻のタイトルが違っているのはなぜ?
Commented by さとし at 2009-08-19 09:56 x
予告だけで感動が……!!
早く読みたいです!
最終巻だけあって、全てが詰まっている感じですね……楽しみですよ!
Commented by クラリネット at 2009-08-19 13:29 x
こんにちわ♪

やばいです・・・
予告だけで凄い感動です(泣
なんか・・・なんて言っていいか分かんないんですけど、
凄い感動したし
なんか・・・終わるんだなって感じがしました。

クルーエルとネイトの関係って凄い良いなって改めて思いました。
お互いにどんなことがあっても信じあってて
すごく大切に思ってて・・・良いなって思いました♪

黄昏が終わってからもエデンなどなどなどで忙しいと思いますが、
頑張ってください!!

そして今までのように素晴らしい物語を読ませてください♪

楽しみにしてます♪

駄目駄目文章でごめんなさい&長文失礼いたしましたorz
Commented by ru-raa at 2009-08-19 16:21
ジーンときました!
最終巻、楽しみにしています!

各タイトルが文庫のそれと違うのは、各タイトルがそれぞれ最終巻の章タイトルになっているからなのかなぁ、と思ってみたり。
それでは。
Commented by YU-KI at 2009-08-19 17:44 x
予告ありがとうございます!
感動で既に泣きそうです(;д;)
最終巻、期待しています!!
Commented by らくいち at 2009-08-19 18:46 x
とうとう明日が発売日ですね。これで『黄昏』が終わってしまうと思うと、とても悲しいです。そして今回の予告は反則ですよ(泣

明日を楽しみにしてます。
Commented by 奏鳴 at 2009-08-19 21:13 x
本当に素敵な物語ですね。
予告を読みながら今までの話を振り返り、しみじみそう思いました。
本当に、泣いてしまいそうです。
Commented by 赤夢 at 2009-08-19 21:20 x
いつの間にか最終章...
なにか悔しいです。
なので思い切り読みつくします!
楽しみに明日を待っています。
Commented by T-S at 2009-08-19 21:41 x
初コメです。
X ついに明日発売であります。
これが最終巻だと聞くとかなり楽しみでありついに来てしまったかぁと思います。
あぁ 早く明日になって欲しい…
Commented by 無刻 at 2009-08-19 22:55 x
こんばんわです。

えー、上記コメントしていただいてる方々に大変申し訳ないんですが(意図的?)最終巻読ませていただきました! ごめんなさい!

あの、何言ってもネタばれになってしまいそうで怖いので、本編には一切触れません。ただ、物語を完結していただいてありがとうございます。
失礼な物言いになってないかすごく心配なのですが…………。

細音先生の作品に私はあるきっかけをもらいました。これから出る先生の作品も一つも欠かすことなく読んでいきたいと思います。
「黄昏」の執筆お疲れ様でした! 「楽園」の執筆がんばってください!!
Commented by くらり at 2009-08-19 23:46 x
こんばんは。
予告を見ただけで胸がきゅーんとして、きゅぅーっとして、手が震えて、とにかくもう素敵すぎます!
明日早速購入して夜みたいと思いますっ
ネイトとクルーエルの道行きを、「楽園」へつながる物語を、はやる気持ちを抑えつつ、ゆっくり噛み締めながら、見届けたいと思います。
Commented by コロナ at 2009-08-20 00:19 x
こんばんわ。

最終巻が店頭に並んでて今日急いで買っちゃいました、店頭で表紙を見たらこれで終わりなのかあって柄にもなく感傷に浸っちゃいましたw。最終巻明日読み始めるからすごく楽しみです
Commented by マギーくま at 2009-08-20 07:50 x
チェックが遅れました。すみません。

いよいよ最終刊ですね。嬉しくもあり、悲しくもあります。
週末に読んでからまた感想を書かせていただきますね。
それでは。
Commented by 蒼空 at 2009-08-20 12:03 x
はじめまして

最近になって細音さんの黄昏の歌使いを買いました。
まだ、『イブは夜明けに微笑んで』しか読んでないのですが、とても読んでいて綺麗で、何て言えばいいのか分からないのですが
とても面白いと言うか、読んでいて心地が良かったです。
これから、少しずつでも、最終巻を楽しみにして読んで行きたいと思います。

これから出る細音さんの本も読んでいきたいと思います
それでは。
Commented by HayatenoGotoku at 2009-08-20 17:10 x
はじめまして、こんにちは。
最終巻読みました。すごく感動しました。
できればもっといろいろネイト達のお話をよみたかったですが・・・
これから新しく出る細音さんの本を読んでいきたいと思います。
この「黄昏シリーズ」は私の宝物です。
Commented at 2009-08-20 17:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ゆあ at 2009-08-20 19:17 x
はじめまして。
夜明け色の詠使い読み終えました。
と~っても良かったです。久しぶりに本を読んで泣きました。
これからもずっとずっと細音さんを応援し続けます。新作も楽しみにしています。
Commented by キリハ at 2009-08-20 20:51 x
皆さんが「はじめまして」で切り出すので、
敢えて、お久しぶりです。

最終巻刊行おめでとうございます。

つい先ほど読み終わりました。
透きとおった物語でした。
面白い物語でした。
そして私が今まで読んだライトノベルの中でも一番『純粋』な物語でした。

まだまだ書きたいことはありますが、多すぎて整理がつかないのとネタバレになりそうなため最後に一言だけ、
ありがとうございます。
Commented by 優織 at 2009-08-20 21:00 x
はじめまして。

最終巻読みました。
それぞれの物語に感動して、思わず泣いてしまいました。

黄昏色の詠使いは一番最初から追い続けてきたお話で、もう終わってしまうのかと思うとすごく寂しいです・・・
本当に素晴らしい物語で、まだまだ読みたいという気持ちもあるのですが、ひとまず一言。

細音先生、今までおつかれさまでした。
新しいお話、がんばってください。
本当にありがとうございました!
Commented by あみゅ at 2009-08-20 22:10 x
Ⅹ巻読みました
ただ一言言いたいです

感動をありがとうございました
Commented at 2009-08-20 22:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 水紗 at 2009-08-20 22:41 x
今日買い、読み終わりました。
本当に素敵な美しい物語をありがとうございました。
あとがきも読んでいて楽しかったです。
新作、とても楽しみにしています。
Commented by 無彩色の好きな人 at 2009-08-20 23:21 x
読み終わりました!
なんというか、その、凄く言葉にし辛いんですが……。
感動しました。心をそのまま揺り動かされた気分です。

完結おめでとうございます!
楽園の物語も、凄く楽しみにしてます!!
Commented by aftschool-student at 2009-08-20 23:23
読了しました。
他の人が言いたいこと全部言ってくれていますので一言だけ。
ありがとうございました!
これからも頑張ってください!
Commented at 2009-08-20 23:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by spe at 2009-08-21 00:02 x
こんばんは、始めまして。
友人に勧められ、読み始めてからすでに3年以上経っていたのですね。

最終巻読ませていただきました。
感動で思わず涙が・・。
新刊を毎回楽しみにしていたので、完結ということで少し寂しさもあります。

感動をありがとうございました!
完結おめでとうございます、そしてお疲れ様でした。

まとまりのない文章で申し訳ないです。
次の作品にも期待しています、頑張ってください!
Commented by おりす at 2009-08-21 01:55 x
最終巻届きました
終わっちゃうなんて(´つω;`)ウッ
Commented by ケイ at 2009-08-21 02:29 x
こんばんわ、今先ほど最終巻のほうを読み終わりました。

終盤の怒涛のシーンは感動の連続でした。
久々に涙をながしました。
この巻で完結となるので寂しくもありますが、是非とも番外編などを作っていただけるとうれしいです。

結構間があいてましたので、このあとまた最初から読み直してみようと思います。それに気づかなかった伏線や新たな発見がありそうなので・・・。

それでは細音先生お疲れ様でした、そして美しくも優しい物語をありがとうございました。
来月の新作は必ず買わさせていただきます。
Commented by ru-raa at 2009-08-21 15:31
読みました!
感想は書くとかなり長くなってしまうため、自分のほうに書くとして、ここではただ一言。

すごく面白かったです! ジーンときました!

来月発売の『エデン』も楽しみにしていますね!
それでは。
Commented by 夜想月 at 2009-08-21 16:47 x
こんにちは!
今回これを読んでいて思わず鳥肌がたちました。
書店へ行ったのですが売っていなく……。今までは借りていましたが全巻まとめ買いをしにまた出向こうかと思っています(笑

お疲れ様でした、新作、氷結鏡界のエデンも楽しみにしてます!
Commented by 緋神焔 at 2009-08-21 17:19 x
一段落本当にお疲れ様でした。心からの感謝と労いをこめて、ありがとうございました!
どんな物語でも、エンディングの後に思うことがあります。
すべてを乗り越えたその先の、彼らの心からの笑顔が見たい。
強く成長したその先の日常を元気に走り回っている、幸せな一時が見たい、と。
私的にも番外編は大いに希望するところですが、なんというか、彼らにはまたどこかで会える予感がします。
庭園より楽園に響いた歌は、おそらくは大樹や星都にも届いていたのではないでしょうか。
その物語が紡がれるかはわかりませんが、まずは『氷結鏡界』全身全霊で楽しみにしております。本音を言うと、絵描きの方が変わって若干不安がないではないですが、竹岡先生とはまた違った魅せ方をしてくれることを期待しています。
さて、長くなってしまったのでこの辺で失礼します。それでは!

追伸(?):カラーページのカインツ様がやばいです。全てを噛み締めた男の貌です。人生の師匠になってほしいです。でもたぶん何にも教えてはくれなそうです。大事なことは自分で気づけ、みたいな。                    絶駄文超長文激乱文容赦
Commented by ベカ at 2009-08-21 21:02 x
こんばんは、はじめまして、最終巻読み終えました。
一巻から読んでいたので今回で終わってしまうのが悲しいですが
ここは感謝を、本当にありがとうございました。
新刊も楽しみに待っています!!


あと、Epilogueの緋色の少女の贈奏で 
Ⅷ「百億の星にリリスは祈り」が Ⅶ になっていたのですが、どこに知らせたらいいのか分からなかったのでここに書かせていただきます。
最後の最後に失礼
Commented by ふー at 2009-08-21 21:35 x
最終巻、心地いい余韻でした。
お疲れ様でした。

てか来月もう新刊ですか、早いですね。
新刊楽しみにしています。
Commented by ZERO.J at 2009-08-21 21:52 x
こんにちは。
初めてコメントさせていただきます。
ついに最終巻ですね。1巻発売からずっと応援していたのでもう最後か……と思うと嬉しくもあり、残念でもあります。
最終巻読ませていただきましたが、とても素晴らしい作品でした。
1巻のときからずっと思ってましたが世界感、キャラクター、その他全てがすごくて、それを表現できる細音さんを本当に尊敬すると共に、この作品を世に送り出してくれてありがとうと……
もうこの言葉だけしか出ません。
本当にありがとうございます。

来月に早くも新刊が出るのですね。
こちらのほうも楽しみにしています。
Commented by 微風 at 2009-08-22 00:05 x
お久しぶりです。最終巻読ませていただきました。本当に感動しました。最後まで黄昏を見届けられたことが本当に嬉しいです。エデンも楽しみにしています。(まさか、あんなところが黄昏と同じとは驚きましたよ)頑張ってください。
Commented by K・Y at 2009-08-22 04:29 x
最終巻読ませていただきました・・・・・・・・
ネイト凄いです!!あそこまで一人の人を一途に思い、理屈も何もかも抜きにして助けに行くのはそう簡単にはできないと思います。そしてクルーエルのためにレフィスが、エイダが、ミオが、クラスの皆やイ短調など彼女に関わってきた人たち総出演は嬉しかったです!!特にあの灰色名詠師はおいしいところとりすぎですww
前にも書きましたがこれで『黄昏』シリーズが終わるとなるとやはり寂しいです・・・・・・・・・願わくばまた彼らに会えんことを!!第二次シシュウ争奪戦の詳細も知りたいですし(笑)新作の『エデン』も楽しみにしてます!!
最後にこのような作品を生み出してくれて本当にありがとうございました!!
Commented by マギーくま at 2009-08-22 19:00 x
たった今読み終えましたーーーーーーーー!!
さて、感想ですが……とにかく良かったです。それしか言えません。北島選手じゃないですが、何も言えません。
とまあ、極々簡単で面白みの欠片もない感想しか言えませんが、黄昏色の詠使いは最高でした。今まで読んだラノベで一番のめりこんだ作品かもしれません。
それでは次回作のエデンも楽しみにしています。
p.s.「ミオの凱旋都市ガイド その2」の更新予定はありますか?(笑)
Commented by 松笠 at 2009-08-22 20:45 x
最終巻、読み終わりました。
今まで読んできた小説の中でただ一つだけを選んで
人に奨めるとするならば、私は間違いなく黄昏を選びます。
最終巻を読んでこの思いはさらに強まり一生崩れることはないだろうという感じです。
こんな素晴らしい作品を世に送り出した細音さん、
黄昏に初めて出会ったあの日、思わず手に取ってしまうような素晴らしいイラストを描いてくれた竹岡さんに感謝です。
とうとう完結してしまったことへの寂しさはぬぐいきれるものではありませんが、今は悲しむよりもネイトたちの道行きを祝福しましょう。

エデンも楽しみにしています。どうかこれからもがんばっていってください。
Commented by 空姫 at 2009-08-22 20:51 x
細音先生、お疲れ様でした!

最終巻まだ読んでおりません;
田舎なのか、それとも都市から離れているせいか発送が遅く(言いわけではないのですよ?)
なかなかでてくれませんTT)
明日にでもでてほしいものです!!

「エデン」のほうも楽しみにさせていただきます!!
これからもがんばってください!
Commented by ばあちゃん at 2009-08-22 23:52 x
最終刊読み終えました。美しい終演で、ゾクゾクしちゃいました。竹岡さんのイラストも素敵でした。9巻からこの作品を知った若輩者ですが、次も楽しみにしております。ありがとうございました!次もよろしくお願いいたします。番外編とかでドタバタしてるネイト君やクルーエルさんにもまた会いたいです。
Commented by 長月 猫 at 2009-08-23 23:40 x
やっと買いに行けました
読むのはこれからですがなんていうか…
『ありがとうございました』

あとお誕生日おめでとうございます
Commented by 森田 at 2009-08-24 12:22 x
お久しぶりです
先ほど最終巻読了しました

1巻からずっと応援してきましたが、ついに終わってしまいましたね
とても淋しいですが、ネイトたちの道行きを応援していきます

長々と書いてしまいましたが
このような小説を書いてくれた細音さん
すばらしいイラストを描いてくれた竹岡さん
お二人に感謝しています。ありがとうございました
Commented by はづき at 2009-08-24 14:34 x
最終巻、出ましたね・・・
実はまだ購入できてません(泣)
けど、皆さんの感想を読むだけで
本の中の空気感が伝わって来ました。
読む前だけど一言。
細音さんお疲れ様でした
素晴らしい物語を届けてくれてありがとうございます
「氷結鏡界のエデン」も楽しみにしています
Commented by 雄李★ at 2009-08-24 21:27 x
どうも、初めましてこんばんわ。

現在読んでいます。ネイトが、一人で階段を上る場面。
「夜明け色の詠使い」の話に入ったばかりです。
私がこの本に出会ったのは、2年前の冬でした……学校が辛くて、本に閉じこもった私の前に現れた「黄昏色の詠使い」。
辛かったけど、楽しいって感じられたから。
多分出会ってなければ、ここにはいなかったと、大袈裟ですかね。でも、そう思っています。

私は、小説家になりたいです★☆細音啓さんのような。
辛い人に私の本を読んでもらって、元気になってくれたら嬉しいって思える。
それは、本当に細根啓さんの影響です。
貴方のような作家になりたい……時間がかかってもなりたい。
そして、いつか、大人になって、細音啓さんの手に、私の小説が届きますように……っていうのが目標。
次の小説も、絶対に見ます。また、コメントします^^
Commented by みかき at 2009-08-24 23:53 x
完結おめでとうございます!!
もう二年もたったんですね。本当にお疲れ様ですーといっているうちに、新シリーズが。
Commented by まこと at 2009-08-26 21:44 x
お疲れ様でした、細音さん。
本当に綺麗で繊細な物語、とても好きでした。胸が苦しくなるほど感情移入もしました。
そして竹岡さんのイラストが本当に合っていて、読み進める度にこの作品に引き込まれていきました。

細音さんの次回作も読ませて頂きますね。

ありがとうございました。
Commented by こう at 2009-09-11 00:33 x
まだ買えてない
というかどこも売り切れ状態だし!
絶対に買います!
Commented by いわな at 2009-09-18 21:28 x
はじめに、完結ありがとうございます。おめでとうございますというべきところなのかもしれませんが、好きなシリーズこのようにきちんと完結させていただけた(途中で作者の方がかかれなくなったり、出版社の事情で完結できない作品も多い世の中ですので)ことに感謝の気持ちからありがとうございましたと、言わせていただきました。
そして、今までお疲れ様でした。これからもよろしくお願いします。
黄昏から楽園へ、場所は変わっても、細音さんの持ち味が生かされたお話が読めれること楽しみにしています。
Commented by いわな at 2009-09-18 21:29 x
デビュー作イブは夜明けに微笑んでで衝撃の出会い。世界観の美しさもですが、時代を超えた約束というものに非常に弱いため、なんて素敵な物語なのだろうと思いました。
その後、個人的に求めていた方向性とは異なり(カインツとイブマリーたちの過去の物語があったうえでにの今のクルーエルとネイトそしてみんなの物語になると思っていたのです)、今の物語が中心となり(勿論、過去があったうえでの今が紡がれていたわけなのですが)、様々なことが明かされていく中で、最後のネイトの成長に大変大切なシリーズとなりました。
イブの時は過去の約束に囚われている部分が強かった(ネガティブな意味ではなくイブの思いを大切にしていたり、その過去の思いを今へ昇華させるためなど大変好みではあるのですが、やはり過去を見たうえでの今という気がするのです)ようにおもったのですが、
夜明けでは過去の思いもたいせつにしてはいるのですが、本当に今のネイト自身が大切に思っているもののに向かっている気がし、ネイトの成長と彼は本当に様々な大切なものを手に入れたんだなと思いました。
Commented by いわな at 2009-09-18 21:30 x
と、ネイトの成長や世界の全てがわかったあと考えても、ベストはやっぱりイブだったりするんですけどね。一冊目が衝撃的過ぎたため、やはりその後を一冊目と比べてしまい・・・。
あと、新しいキャラクターがどんどん増えていく点や世界観のまたどんどんと広がっていく点が最初から考えられていたとしても、なんだか、後付けのような違和感があった(イブが一冊で綺麗に纏まっていただけにシリーズ化するための後付けな印象がぬぐえなかったのです)ため、うーんうーん、いっていた時期も少なからずあるため真奏は夜奏ほどのめりこめなかったんです。ちょっと皆様が様々に良い言葉を残されている中でマイナスな発言はどうなのかもしれませんが、素直な言葉を。

長くなってしまいましたが、エデン発売前日ということもあり、黄昏を再読したいとも思いましたので、再読する前に一区切りではありませんがコメントさせていただきました。
それでは今後もご自愛されながらも、素敵な物語送り出してください。失礼致します。
Commented by ノースフェイスアウトレット通販 at 2013-10-25 21:31 x
1968年、米国のカリフォルニア州バークレーで創業。まもなく発売した、高品質の グースダウンを惜しげもなく使用したクオリティーの高いスリーピングバッグにより、高い 信頼を得ました。
<< 詠の先に 8月と9月と >>