<< エデン7 迫るもの >>

見本誌ともろもろ

まさかのお昼に更新だぜブラザー?
……いや、単にちょっとログインする用事があったからなのですが。
ちなみに鍵つきのコメントはログインしないと見れないのですが、前回のコメントでちょっと面白いwebページを教えてもらいました。いつかご紹介したいなぁ。


さてエデン7の見本誌が届きました。
一冊手に取ったときの細音の感想。「厚っ! なんか厚みがあるよ!?」。エデン5巻の時にこれ以上厚くはならないと思ったけど、結果、それをさらに16P上回っておりました。
そして、しつこいようですが5巻とお値段同じです。これはお得(笑)
さらに、カスカベさんのデザインが毎度毎度ステキです。描いてくださった新キャラたちはどれもお気に入り。

時間があれば刊行予告などもしたいのですが……うーむ。がんばれ自分。


■おまけ。突然に質問のコーナー■
Q「エデンに出てくる沁力や魔笛は何語ですか?」
ブログのコメントやメールで頂く質問その1。
オリジナルの架空言語です。これの兄弟版というか姉妹版の言語が、やはりデビュー作である「黄昏色の詠使い」に使われていたりしますので、もしご興味があれば手にとってみてくださいませ。……まだ本屋さんに置いてあるかな?

Q「黄昏色の詠使いに出てくるセラフェノ言語の解読で行き詰まります」
ブログのコメントやメールで頂く質問その2。
言語解説……やりたいのですが時間が……足りにゃいんです。
で──ネット検索すると、単語や基本文法について相当詳しく解読進めていらっしゃる方もいるようです。そちらを見るとヒントになるかも。
あと、黄昏色の詠使いでは、同じセラフェノ言語でもセラフェノ言語とセラフェノ真言で文法が多少変わってきます。それに注意するといいかも?
ちなみに、エデンの言語はその派生系みたいなものになっています。


ふぅ。しかし暑いなぁ。
汗が出るほどじゃないんだけど、こう、息苦しい感じの暑さは苦手です……

ではでは、次は、早ければエデン7の刊行でお会いしましょう!
[PR]
by sazanek | 2011-06-12 11:44 | なにげない日常のこと
<< エデン7 迫るもの >>