<< 一つの大きな流れ 夜色の炎を生み出すもの >>

1000年先の「これから」へ

f0084850_19345198.jpg

(富士見ファンタジア・イリス特設サイトより)


不完全神性機関イリス5 ―154cmの花嫁機関―

2013年10月19日(土)、いよいよ刊行です!




・・・あっという間でした。

デビュー作である「黄昏色の詠使い」が10冊で、エデンが現在11冊で。そんな中、この「イリス」だけが少し早めの閉幕となります。

といっても、これは最初から自分の中で決めていたことでもありました。
シリーズの内容的にも、エデンとの関連を考えた時にも、この「イリス」だけはあまり長くは続けることなく、そのかわりに1冊1冊を盛り上げて、1つのシリーズとしてきちんと完結できるように。
それがスタート時点での目標でした。

最後のあとがきでもふれていますが、このシリーズは本当に幸せなシリーズだったと思います。
漫画化という嬉しい出来事もあり、幸いにして最終巻でも詰めたいエピソードを詰めるだけ詰めさせていただきました。(最終巻のボリューム、細音史上最厚の416ページです)

コミカライズを担当してくださった滝太郎先生、この場を借りて御礼申し上げます。
イリスの動いてるシーン、本当に可愛らしくて素敵でした!

そしてエデンから続いてイラストを担当してくださっているカスカベアキラ先生、
最終巻のイラスト、これを見たときは本当に言葉が出ませんでした。
最後の最後に、これ以上考えられないとびきりのイリス、ありがとうございます…


そして最後になりますが――
不完全神性機関イリスをここまで読んでくださった全ての方へ。

ありがとうございます。
2年間、ブログやメール、お手紙など、本当に温かい応援に支えられてここまで来ることができました。最終巻、描ききったと思っています。イリスの活躍も、凪の活躍も。

どうか最後まで、イリスと凪の物語を見守って頂けますようお願いいたします!
[PR]
by SazaneK | 2013-10-13 20:03 | 刊行予告
<< 一つの大きな流れ 夜色の炎を生み出すもの >>