<< 全ての、歌を夢見る子供たち

覚醒する才能

朝のねぼけ状態によりゴミ出す日を一日早く勘違いして出してしまった細音です、こんばんは。

えっと、今日は更新遅いです。お仕事の帰りに上司に誘われまして、二時間ほどお食事に同行させていただいてました。ここだけの話、細音はお酒あんまり量飲まないので、帰った今もお腹すいてます(笑)

今日のコメントを見ると、途中から中身予想的な流れになってて、自分自身楽しく読ませて頂きました。答は、実際に刊行された物を是非とも手にとってお読み頂きたいなと。


さて、お腹すいた細音は冷蔵庫の中から何か漁ってきます。







前にも出したネタですが、細音が料理をしようとすると天才的な才能を発揮しちゃいます。

ちなみに、その料理の天才が片手で卵を割ろうとするとこんなことになります。
f0084850_2285691.jpg



……我ながらどうやったんだっけ(涙)
[PR]
by sazanek | 2006-08-29 22:10 | なにげない日常のこと | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://sazane.exblog.jp/tb/3198962
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 守岳月詠 at 2006-08-29 22:30 x
ブログイベントで消化していない話題

・細音小説中身予想
・作家に100の質問
これは現在12問まで出ている。

この二つの内の中身予想が復活しましたか。
ちなみに小生の名前と細音氏の小説とは何の関係もございません。
そして料理に関しては………言わずもがな(笑)。
Commented by at 2006-08-29 22:56 x
ではやはり私が得意料理の目玉焼きと卵焼きを作りに…(以下略)
Commented by aiolox at 2006-08-30 00:14
発売まで148日!! (2006年8月30日 時点)

まだまだチャンスはありますよ。 斬り込み隊長 殿
発売100日前から、カウントダウンイベントでもしませんか?
Commented by 守岳月詠 at 2006-08-30 00:21 x
斬り込み隊長がなんか定着したな………100日カウントだと忘れている可能性もあると思いますからいっそ今からというのも一手。
Commented by HOCT2001 at 2006-08-30 07:01
テフロン加工のフライパン以外はまったく使わないHOCT2001です。
料理事態は得意なほうなのですが、食材を買う才能はゼロです。

その日のうちに作る料理のみにターゲットを絞りますから、次の日に残った食材でなに作ろう?と悩みに悩む日々を送っていました。
Commented by ルーラー at 2006-08-30 09:51 x
カウントダウンイベント! いいですね~!
こういうイベントには『螺旋調律師長』の二つ名で参加させて頂きます。
もっとも、せきな先生のブログでは既に何度かやってますけどね。カウントダウン。もうすぐマテリアル3のそれもやろうと思ってましたし。

それにしてもこの卵、本当にどうやって割ったんですか?
ちなみに僕は、片手で卵を割るのに密かに憧れていたりします。
それでは。
Commented by 暇人 at 2006-08-30 13:16 x
親子丼とかできるわりに何故か玉子焼きが作れない暇人です。
たまに卵を割ると殻のみが取れて中の膜だけが残りますよね。それを剥いていって最終的にはほとんど膜のみという神業をしたことがあります。
その後、中身を出すのに苦労しました。
Commented by sazanek at 2006-08-30 21:14
>守岳月詠さま
一応、小説家に100の質問というのはホームページの方で答えてたりするんですよね(笑)
まあ、200問目に挑むというのもそれはそれで(ry 
あ、でも、また時間余裕ある時にお願いします(汗)

>鵺嬢
おむすびも作ってくれると嬉しいなぁ(割と本気)

>aioloxさま
カウントダウン、自分も参加させてもらうかも(笑)
ただ、これでカウントダウンが終わっても出ないとかいう……うわぁぁぁぁっ

>守岳月詠 さま
忘れないでください(笑)
今からやっちゃいますか?

>HOCT2001さま
うちもテフロンです。おかげで、油引かないで料理ができちゃいます。
楽でいいですよねー、油は後片付けが大変だし。

>ルーラー様
細音も覚えてないんです(汗)
まあ、この技は生まれ持った才能が(以下略

>暇人さま
う……想像するとちょっとコワイ画像が出て参りました(涙)

<< 全ての、歌を夢見る子供たち