<< 今日も今日とて ちょっとちょっと >>

ちょっと真面目なお話

自分は割と「努力」が好きです。
自分がするのもそうだけど、努力している人を見ると応援したくなります。


自分が公務員試験をやってたころの話です。一昨年の12月24日、クリスマスイブ。
サークルの打ち上げの誘いを断り、自分は公務員試験のために予備校で自習していました。
夜九時半、予備校の自習室が閉まる時間。その日自習室に最後まで残っていたのは自分と、とある女性。彼女は、数ある資格の中でも最難関の一つとされる司法書士を目指しているようでした。
司法書士、いわゆる司法試験。どれくらい難しいかと言うと、合格平均年齢が29歳であることから多少なり想像がつくでしょう。大学生の20歳くらいから勉強を初め、一日10時間勉強して10年で合格すれば十分お釣りがくるような試験です。

昨日も一昨日も、自分と彼女は予備校が閉まるぎりぎりまで自習室にいました。お互い顔見知りでも会話を交わしたこともないのだけど、自分は割と彼女のことを見てました。彼女の受講カード、入学年月は「98」。すなわち、もう7年もその予備校の自習室で朝から晩まで12時間くらいは勉強してることになる。

クリスマスイブ、彼女はいつものように淡々と机を片付けていました。
みんなが騒いでいる日も、彼女は自分の目標に向かって頑張っている。とりわけ際だった容姿ではなく綺麗な服装をしているわけではなく、お化粧だって上手いわけじゃない。
ただ、それでもその姿は、同性異性という壁を越えて、「美しい」と思いました。
もちろん騒いでいる人達を蔑むわけじゃないです。その人達が普通。ただ、彼女が他と比べてすごいだけなのだから。
男女べっ視ということではないことだけは先に断っておきますが、男性で十何年司法試験を受けている人はザラにいます。だけど女性でその数は少ない。親からしてみれば、やはり娘の将来は気になって当たり前で、早く身を固めてもらいたいと願うのも当然ある願いです。これが息子ならば良くも悪くも、独り身だとしても親はあまり心配しないでしょう。

そういった蟠りすべてを知り背負った上で、困難な道を選びひたむきに努力できる。
実はそのクリスマスイブの日、予備校の帰り道で、打ち上げを終えたサークルの人達と偶然出会ってしまいました。酔っているらしく顔を赤らめた知り合いたち。
「細音、せっかくのクリスマスなのに、どうして打ち上げこなかったの?」
ふと、ただ黙々と机に向かう彼女の姿を思い出しました。

予備校で勉強しなきゃいけなかったから

そう答えるのに、迷いはなかったです。

いま、このブログを見てくださっている人の中にも、そうして努力してる人がいます。
努力って、何かを犠牲にして初めて努力というのだと思う。それも、自分の好きな物大切な物を犠牲にすること。部活、飲み会、ゲーム、趣味、インターネット、他にも色々。
そうやって犠牲にしたものを積み重ねて出来た努力の塔は、きっと、どんなことがあっても崩れないのかなと。



これは自分が別のとある場所に書いたものですけど、大体いつも、考えてることは四六時中こんな感じだったりします。ただそれをブログに書き始めると、やっぱり長文になっちゃうし、読んでくださる方にも色々負担かなと遠慮しちゃっておりまして。
だからまあ、普段の日記はテンション高め&短い奴ですましちゃえと。

さて、明日は真面目にいくか呑気な日記にするか。
それは全て、細音の体調40%忙しさ40%気分20%くらいの配分で決定されることでしょう。
[PR]
by sazanek | 2006-10-30 20:32 | なにげない日常のこと | Trackback(1) | Comments(13)
トラックバックURL : http://sazane.exblog.jp/tb/3667891
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from オーディション越後屋@情.. at 2006-11-11 09:45
タイトル : 公務員試験予備校【EYE】の無料受験相談・来校者募集
公務員試験予備校【EYE】の無料受験相談・来校者募集をオーディション越後屋がオーディションしました。公務員試験予備校【EYE】の無料受験相談・来校者募集は公務員を目指している方に強力なサポートと明るい未来を切り開いてくれます。世間では、公務員に対... more
Commented by 宙矢 at 2006-10-30 21:19 x
初めてコメントします、宙矢です。ほぼ毎日のようにブログ見てますよ。
僕はいわゆる努力型の人間です。たまぁに、天才型の弟がむかつく時があるくらいには努力型です。……なので、こういう話しにはすごく共感できます。
ただ、残念な事に僕の周囲の、例えばクラスメイトなんかは努力する人が少ないですね。大概の人はテスト勉強とか全くしていませんから。そんな周囲の状況なので、細音さんもその女性も僕にとっては尊敬できる人です。……まぁ、どんなに努力したって出来ない事は出来ないという現実もありますが(特に運動)。

話は逸れるのですが、僕は夏休み終了に近いときに、初めてある新人賞へ応募しました。その時に、このサイトの『Assist』をかなり参考にさせていただきました。この場でお礼申し上げます。ありがとうございました。(後に取り返しのつかないミスに気付いて「うわぁ、終わった……」とか口にしましたけどね。見直しは大切ということを改めて認識)
Commented by 天空十六夜 at 2006-10-30 21:25 x
長文ドンと来い!な十六夜です(笑)。
深い…今日のブログは深くて心を打つ素晴らしい話でしたよ…細音さん…。
よし!この素晴らしい努力のお話に多少は感化されて、頑張りますか!
細音さんもその配分に、『努力』を1%でも入れましょうね?
Commented by わっちょ at 2006-10-30 23:10 x
………何というか、自分の中の足りない部分を諭されたっていうか………ちょっと言葉に出来ないです。(語彙が無ぇなヲイ)
えっとですね、僕は、ある一つの目標に向けて頑張っていたんですよ。でも後ちょっとのところでその目標に手が届かなかった。
そのとき僕は「努力したのに…」と思ったんです。
でも、今日のブログを見て、それはちょっと違うんだな、と。
僕はその目標に向かっている時、細音先生の言うように、何かを犠牲にして努力をしなかった。
それをすれば100%目標達成できるかっていうと、それは違うかな、と思うんですが。(すいません、ちょっと歯向かいました)
それをしなかったら「努力したのに」とかは言っちゃダメなんだな……と。
なんか、ありがとうございます。今日のブログ見なかったら、本当に努力するって事の意味、知らないままだったかもしれません。
それでは、異常な長文&駄文失礼しました。
お気に障りましたらすいません、削除パスは0416です。
Commented by 上総かんな at 2006-10-31 01:07 x
犠牲……勉強を犠牲にしてもコレ書いてるかんなです。
努力はしたいですね、できない人間ですから。
最近短い文章ばかりだった細音さんが長い文章を書いてる……これは努力ですよね?
でわでわ。
Commented by シキ at 2006-10-31 02:00 x
私は『ミュージシャンになる』と言う夢を半ばで諦めた人間です。現実の壁にぶつかった当時の私は、大した努力もしなかったくせに「努力では越えられない壁ってもんがあるんだよ」と自己正当化ばかりしていました。
その後悔故…と言う訳ではないのですが、今では夢に向かって必死に努力している人をとても羨ましく思うようになりました。自分に出来ない事を出来る人を素直に尊敬出来る様になりました。ふふ、私も歳を取ったのですかね。まだ20台ですのに。
………うん。明日は休みだし、久しぶりにシンセの前に座ってみようかな。今なら、ちょっといい曲が書けそうな気がします。
Commented by aiolox at 2006-10-31 05:01
ふと、受験する高校を決める時のことを思い出しました。

入りたい高校があったので、予備校に3年間通って、
なんとか、模試の合格判定も毎回90%以上出るようになったのですが、
実技系を中心に内申点が低く、担任と進路担当に再三説得された結果、
受験を断念しました。
『今までの努力は一体なんだったんだ!』
『3年間勉強したのに受験すら出来ないのか!』
・・・あの時ほど、悔しく思った事はありませんでした。

さて、この経験は糧になったのですかね・・・・
・・・・・いや、糧にしないといけませんね。
長文失礼しました。 
Commented by HOCT2001 at 2006-10-31 07:19
高校時代からそれなりに努力をして大学へはいって、それなりの成績を残したのに、病気でダウン。
努力が必ずしも実るとはいいませんが、神様はひどいことを時にはするな、と思いました。
Commented by ru-raa at 2006-10-31 16:32
どうも、なかなか就職が決まらなくて、一方、小説の新人賞投稿のほうも芳しい結果が出なくて、『就職が決まるまで小説を書くのはやめよう』と逃避したルーラーです。
マテリアル二次のあとがきで何度か書いていますが、僕は上記のいきさつを経て、小説を書くことを一度やめた人間です。
不思議なことに、気分転換にマテリアル二次を書くことにしたら今月の半ばに就職が決まった(?)わけですけど……。
我慢することがイコールで幸福な結果に行き着くわけではないのだな、と思いました。そのときは。
というか、『執筆断ち』をしていたときの僕は死んだ魚のような目をしていたのではないかなー、と思ってもいたり。
そういえば小説って、努力して書くものなのでしょうか。書くことが好きだから、なによりも好きだから書く。そんな気がしてなりません。
もちろん、努力して上手く書けるようになろう、というのはあると思いますけどね。

そうそう。今月のドラマガ、見ました。
詳しくは僕のブログで書きたいと思います。
それでは。
Commented by sazanek at 2006-10-31 21:04
>宙矢さま
初めまして、ブログほぼ毎日! ありがとうございます。
これからもよろしくおねがいします。
自分は勉強に関しては、やはりまだまだかなという感じです。その女性に比べれば。

サイトの方、少しでもお役に立てたのなら嬉しいです。最近更新が滞ってきてしまって申し訳ないです。1月とかそこら辺になれば、一気に更新いたしますので(言い切っていいのだろうか)

>天空十六夜さま
そう言って貰えて嬉しいです。長文は……かく気力が残っていれば(笑)
しょ、小説の方に力を入れるということで!

>わっちょ様
いえ、自分も何やら偉そうな事を言ってしまいまして恐縮です。
努力して100%何かが成功するかどうかは、細音も確かに言えません。ただ細音はその姿を割と「美しい」と思う人間なので、応援してあげたくなるんですよ。友人とか、知り合い等々。
Commented by sazanek at 2006-10-31 21:08
>上総かんなさま
長い文を書くから努力と言えるか……うーん、これは難しい議論です(笑)
自分の場合、書きたいものであれば原稿用紙1000枚だろうと厭わないでしょうし、逆に短いものでも書きたくない物なら原稿用紙1枚でも大変です。
今回の場合、書きたい物を書いたら自然と長くなった、というところかな。
ま、まあ……毎回この量を書くのは大変ですが。


>シキさま
自分も脳内作曲してたりします。楽譜に起こさず全部頭の中に保存してあるせいで、脳内のメモリ残量がえらいことになってます。
音楽は何歳になっても楽しめるので、自分もゆっくり音楽の幅を広げていきたいなと。

>aioloxさま
内申点、ありますね。
中学の内申点はしょうじき学校の先生の裁量が非常に大きいシステムだと思います。
逆に大学入試はペーパー一発勝負のところがありますので、そういう意味ではもう少し平等なのかな?(色々意見もあるところでしょうが)
自分も人に何か言える人間ではありませんが、糧にするというより、その時の悔しさを忘れないことが大切なのかなという気もします。


Commented by sazanek at 2006-10-31 21:21
>HOCT2001さま
病気。ある意味、もっとも不条理なものの一つだと思います。
頑張って下さい、とは言えないんですよね。そんな単純なものではないことくらいは自分も分かっているつもりです。だけど、確かに難しい問題なんですよね……

>ルーラー様
小説は、好きだから書く。という意見に自分も賛成です。
そういう意味では、仮に自分が一日のうち20時間小説書けと言われて寝ずに書いたとしても、それは努力のうちには入らないのかなと。好きなこと、自分で選んだ道ですから。
……まあ、実際に20時間やったらさすがに倒れるかなぁ。

そうそう、拙作の批評ありがとうございます。貴重なご意見で、拝見させてもらいながら自分も楽しめました。
HOCT2001さまもその時のコメントで色々と心配されていまして、それに対して自分としても色々コメントもしたいところなのだけど、話の内容について作者がそれを語ってしまうのは良くないなと思って、ぐっと耐えました。
作品について、全てを判断するのは読み手の方です。読まれた方の、その時の感想一つ一つが、その本の姿一つ一つかと。
Commented at 2015-10-01 22:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by SazaneK at 2015-10-18 19:08
>鍵の方
ありがとうございます。
コメントに気づくのが遅れ、お返事が大変遅くなってしまい申し訳ありません…!
普段思ったままのことを暢気に書いているだけのブログですので恐縮な部分も多々あるのですが、この記事や小説が一つの刺激にして頂けるのは自分にとっても本当に嬉しい限りです。
来年の良きおしらせを心から願っています!
<< 今日も今日とて ちょっとちょっと >>