<< 金曜日 今日も今日とて >>

音楽

クラシック関係の本を買ってみました。
様々な作曲家の曲を割とビシバシ言ってる本です。駄目なものは駄目、みたいに。
クラシックは数多の作曲家が数多の曲を、それを数多の指揮者がCDを出しているので、一通り聴こうとすると本当に大変なようで……
モーツァルトなんか、一曲でCDが30枚とか出てるのもあるらしいです。もちろん、その指揮・演奏者によってがらりと性格が変わってきてしまうというのは衆知の事実。

そういえば、クラシック世界には、たとえばピアノでも超絶技巧と呼ばれる譜面があるらしいですよね。曲質を度外視し、とにかく技巧にこだわったもの。
それはたとえば陸上競技でいう「10cmでも高く飛ぶ」だったり「0,1秒でもタイムを縮める」といったものに近いのかも。
たしかにすごい。けれど、それに果たして音楽の真髄が付随しているかと問われれば、ふと疑問に思ったりもする今日この頃です。うーん……まあ、音楽についてあれこれ語れるほどの身ではないので、ここらへんでお茶を濁します。
[PR]
by sazanek | 2006-11-02 21:23 | なにげない日常のこと | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://sazane.exblog.jp/tb/3689679
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by シキ at 2006-11-02 21:41 x
>超絶技巧

確かショパンの曲に多く見られるものですね。有名どころでは『幻想即興曲』などがそれに当てはまる曲だったと思います。………ん、ちょっと自信ない。間違っててもあちきを責めないでっ!!
Commented by 上総かんな at 2006-11-02 22:53 x
まぁ…指揮者も人ですから自分の好きなようにアレンジしたりするんでしょうが…。結構難しいです…。
でわでわ。
Commented by 天空十六夜 at 2006-11-02 23:17 x
では、細音さんの、話の質を度外視した作品を書く日が来るのを待ちますか(笑)。

……暗躍者+未加入者による騒動まで、約80日。
Commented by HOCT2001 at 2006-11-03 07:08
>超絶技巧
リストの超絶技巧練習曲なんかがそれですね。
意外と音楽性がいい曲も多いですよ。
指揮者、演奏者はオーソドックスなものが聞きたいのであればカラヤン&ベルリンフィルがよろしかろうと思います。
異常、元オーケストラ在団のHOCT2001がお届けしました。
Commented by ru-raa at 2006-11-03 13:01
超絶技巧は『フランツ・リストの超絶技巧練習曲』しか知らなかったりします。
ちなみにこれを知ったのは『小説スパイラル~推理の絆~3 エリアス・ザウエルの人食いピアノ』(スクウェア・エニックス刊)で、ですね。
要するに『スパイラル豆知識』のひとつです。
それでは。
Commented by sazanek at 2006-11-03 22:31
>シキさま
ショパンも、他にもそういった作曲に携わっていた人は案外多かったようです(細音も、細かいことは本で読んで知りました)

>上総かんなさま
指揮者って大変らしいですね。
自分は中学時代、クラスのコンサートの指揮をやらせてもらったのが最後だけど、やっぱり緊張します。そして、とても大きな思い出になりました。

>天空十六夜さま
>では、細音さんの、話の質を度外視した作品を書く日が来るのを待ちますか(笑)。
イ、イヴの方は……度外視してないです(笑)

>HOCT2001さま
オーケストラも体験されていたんですか。
……むぅ、何やらすごいお人に見えてきました(汗)
音楽、今の部屋は小さいのでピアノが禁止されているのが辛いです。

>ルーラー様
豆知識が豊富だと会話もはずみますよね。
細音はお洒落な豆知識がないので、そういった場は大変です(笑)
<< 金曜日 今日も今日とて >>