<< 金曜日 今日も今日とて >>

音楽

クラシック関係の本を買ってみました。
様々な作曲家の曲を割とビシバシ言ってる本です。駄目なものは駄目、みたいに。
クラシックは数多の作曲家が数多の曲を、それを数多の指揮者がCDを出しているので、一通り聴こうとすると本当に大変なようで……
モーツァルトなんか、一曲でCDが30枚とか出てるのもあるらしいです。もちろん、その指揮・演奏者によってがらりと性格が変わってきてしまうというのは衆知の事実。

そういえば、クラシック世界には、たとえばピアノでも超絶技巧と呼ばれる譜面があるらしいですよね。曲質を度外視し、とにかく技巧にこだわったもの。
それはたとえば陸上競技でいう「10cmでも高く飛ぶ」だったり「0,1秒でもタイムを縮める」といったものに近いのかも。
たしかにすごい。けれど、それに果たして音楽の真髄が付随しているかと問われれば、ふと疑問に思ったりもする今日この頃です。うーん……まあ、音楽についてあれこれ語れるほどの身ではないので、ここらへんでお茶を濁します。
[PR]
by sazanek | 2006-11-02 21:23 | なにげない日常のこと
<< 金曜日 今日も今日とて >>