<< 美しいもの 今日の夜は寒いらしいですよ >>

読書の秋?

ひょんなことからドストエフスキー読んでます、ドストエフスキー。
罪と罰が有名だけど、今回のはそれじゃありません。
まあ、自分からこの本を手に取ったわけではないのだけど、普段哲学関係のは意識的に離れるようにしている関係上、実に久々の哲学書です。
文の内容はさておき(いいのかそれで……)、不思議と昔の人が訳した文章って、良くも悪くも起伏に富んでいる気がします。(原文が起伏に富んでいるということは差し引いてもなお)
なんというか、勢いがありすぎて逆に読みづらいような印象も時々するのだけれど、これが昔の人のパワーなのかとも、ふと思ったりもしました。

さて……ここからどうするかな(意味深)
[PR]
by sazanek | 2006-11-08 22:21 | なにげない日常のこと | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://sazane.exblog.jp/tb/3737290
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 天空十六夜 at 2006-11-08 23:37 x
現代人に足りない、その勢いがいいんじゃないでしょうか?

あ、何かやろうとしてますね…。ではこちらも…ふふふ…。
Commented by 上総かんな at 2006-11-09 01:14 x
ザクとは違うのだよ、ザクとは。とか言ってみたり。
哲学書…あまり読まないからサッパリなのですが、分かりにくそぅ…。

>さて……ここからどうするかな(意味深)
>ではこちらも…ふふふ…。
何かど派手(?)なやつ希望。
でわでわ。
Commented by HOCT2001 at 2006-11-09 12:16
昔、ゼノギアスの影響で、ニーチェの「ツァラトゥストラかく語りき」を読んだことがあります。
物語仕立てなのですがさっぱりわかりませんでした。
内容を噛み砕いて説明した本を読んでもよくわからなかったことを覚えています。
Commented by 暇人 at 2006-11-09 17:14 x
「罪と罰」ときいてペルソナを思い出してしまう僕は駄目なのでしょうか。

哲学書って簡単に言えばいいものをわざと言葉をこねくり回して分かりにくくいっているだけのような気がするんですよね。というのは昔の人に失礼ですね
Commented by 通りすがりの at 2006-11-09 23:07 x
>さて……ここからどうするかな(意味深)
何を企んでいるのですかね?
・・・・・・。
あれ?
今、緑色の物体が見えた気が・・・・。
なんだこの紙切れ?

『細音ハ、新世界ノ 神ニ ナロウト シテイル』
Commented by プロジェクトS at 2006-11-09 23:47 x
>新世界ノ神
・・・・マジですか細音先生?
そう言えば以前、聖書の発行部数を超えてみせると言っていましたね。
・・・・本気だったんですね(驚愕)。
Commented by aiolox at 2006-11-10 00:58
変な流れになっていますね(笑)。
最近、星新一の本を読んでいるaioloxです。
哲学書ではないですが、シュールな結末に考えさせられます。
とりあえず、新世界の神を頑張ってください。
Commented by sazanek at 2006-11-10 22:21
>天空十六夜さま
い、いや……特にまだ予定は(汗)
体力が余ってればやるかもですが、今も割と苦しい状況が。

>上総かんなさま
ま、まあ落ち着いて(涙)

>HOCT2001さま
ゼノサーガはニーチェだけど、ゼノギアスは……あれもニーチェだったんでしたっけ? ゼノサーガ、epi2の試写会に行っておきながらとうとう買わずに終わっちゃいました。

>暇人さま
そ、そこらへんはちょっと議論が(汗)

>通りすがりの様
細音は細音です(キッパリ)


>プロジェクトSさま
>・・・・マジですか細音先生?
言ってません(笑)

>そう言えば以前、聖書の発行部数を超えてみせると言っていましたね。
い、言ってません(涙) 誰か過去ログをー!

>aioloxさま
確かに変な流れなのは認めざるをえないところです。
そして、細音は細音(略
<< 美しいもの 今日の夜は寒いらしいですよ >>