<< その歌は、きっと── 不在とかいいつつも >>

きっと──

昨日、祖父が亡くなりました。90歳でした。

連絡を受けたのが、昨日の夜六時。自分が忙しいのでと、親が遠慮していたようです。
10月にお見舞いに行ったときはまだ元気で、喋ったり握手も出来てました。
それから一月と少々。
危篤の連絡を受けたのが、木曜日。
ブログでは、「家でごたごたあったので、今週来週のブログ更新がお約束できません」みたいなことを書いた日です。
あの時既に、祖父はもう保たないと告げられていました。

本当は、これが理由だったんです。

お通夜と告別式。日程は決まっていますが、まだ家族の方でも何がどうなるか未定なので、ちょっとブログの更新は分かりません。


なんというか、祖父に対する自分の印象は「勉強家」というものでした。
東京大学を出て大学教授になり、引退してからも、熱心なプロテスタントであったことから聖書の勉強を続け、英語はもちろんのことラテン語にも精通した博識。
こと勉強に関して言うならば、本当に努力の人で、祖父ながら憧れの人でした。
そんな祖父も足を悪くして、四年間の闘病生活。
10月にお見舞いに行ったとき、枕元に聖書があったことが記憶に残ってます。本当に読書の好きな人だったなと。

そんな祖父に自分は、自分の小説が来年1月、全国で刊行されることを言ってませんでした。
恥ずかしいという理由が半分。
もう半分が、発売して製本されたのを見せて驚かせようと思っていたからです。
父親と
「おじいちゃん、驚かせてあげようと思うんだ」
と車を運転しながら会話したのが、ほぼ一月前でした。
筆名も表紙のイラストも決まり、いよいよあと少し──
そんな時の、突然の訃報でした。


出棺の日には、こっそりと、原稿をその中に入れてこようと思います。
[PR]
by sazanek | 2006-12-04 19:54 | なにげない日常のこと | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://sazane.exblog.jp/tb/3970120
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kazusakanna at 2006-12-05 02:00
まずそのお祖父さんにご冥福をお祈りいたします。ごたごたってこのことだったんですか…。

>自分の小説が来年1月、全国で刊行されることを…
…もしお祖父さんが生きてたら我が事のように喜ぶでしょうね。ウチの祖父もそうですから。
>出棺の日には、こっそりと、原稿をその中に入れてこようと思います
せめて天国でこの小説が読まれることを祈りましょう…。
でわでわ。
Commented by 守岳詠人 at 2006-12-05 16:24 x
偶然ですが小生の祖父もついこの間死んでしまいました。
もうすでに仕切りはついたけど、やはりまだ悲しかったり。
人の生き様をよくでるのは死に顔と聞いたことがあります。
祖父は安らかな顔をしていました。
そちらはどうですか?
Commented by ru-raa at 2006-12-05 16:31
僕のほうの祖父は一月ほど前に身体を悪くしていました。なんでもあと少し遅ければ命はなかったとか。
忙しさにかまけて、退院後まだ一度も会いに行ってないのですが、やっぱり会いに行くべきかなぁ、と思いました。

最後に。
お祖父さんのご冥福をお祈り致します。
それでは。
Commented by watarizora at 2006-12-05 16:50
自分も思い出してしまいました。祖父が亡くなったときを。
絶対に泣かないと決めていたのに、自然と涙があふれてきたのを今でも覚えています。

お祖父さんにご冥福をお祈り致します。
では。
Commented by 自由きまま at 2006-12-05 17:51 x
お祖父さんの御冥福をお祈り致します。
驚かそうと小説の全国発売を言わなかった気持ちは分かる気がします。僕も同じ立場ならやっていただろうと思います。
僕の祖父は僕が生まれる前に亡くなったので言葉を交わしたことがありませんのでお祖父さんと話したり、握手したりといったことはとても重要な行いのように思えます。
天国で細音先生のイヴを楽しんで読んでくれるはずですよ。それでわ。
Commented by HOCT2001 at 2006-12-05 18:00
私の祖母がもはや生きて家に帰ることはない、と医者にいわれています。
そしてその可能性が今日かもしれないということも。
ですから、せめてもっと祖母と話をしたりしたいのですが、鎮痛剤としてモルヒネを投薬されていますから、意識が朦朧として会話もできないです。
だからせめてスキンシップだけでも…

お祖父さんのご冥福をお祈りします。
Commented by 天空十六夜 at 2006-12-05 21:07 x
まずは、御冥福をお祈り致します……。
>出棺の日には、こっそりと、原稿をその中に入れてこようと思います。
読書好きなんですよね。ですから、何度も読み返すと思いますよ?

細音さん、しっかりと顔を目に焼き付けたほうがいいですよ。私はもう、思い出したくても思い出せませんからね…。
Commented by てっこ at 2006-12-06 00:21 x
ただ、一言だけ。見ず知らずの人に言われるのも複雑かも知れませんが。


――お祖父様の、御冥福を…お祈りいたします。
Commented by シキ at 2006-12-06 00:50 x
お祖父様のご冥福をお祈り致します。

ごめんなさい。気の効いたコメントが浮かびません。私の所は四人とも健在なので……。
簡単ですが、これにて。
Commented by 双月蒼羽 at 2006-12-06 01:10 x
すみません、シキさんと同じく、気の効いたコメントが浮かびません。
私の祖父が亡くなったのは、私が死についてちゃんと理解出来ていなかった年代でした。
小さかった頃の話なので、祖父の顔に触り「冷たい…」と言ったことしか記憶にありません。

お祖父さんのご冥福をお祈りします…
Commented by 暇人 at 2006-12-06 13:42 x
昔に母がなくなったことがあります。その時はまだ子供で、しかしはっきりと泣き叫んだことは覚えています。
身内がなくなるのは辛いです。

お祖父様のご冥福をお祈りいたします。
Commented at 2008-05-07 13:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< その歌は、きっと── 不在とかいいつつも >>