<< 回る回る回る 今年、最後の更新です >>

彼女の歌を戒めるものはそこになく──


miqvy elmei nehhe virgia-c-fifsiaその日 少女が奏でた詠を


zette ovan Yer be zarabearc solituqs Isa jes qusi xin fears toga peg ilmei shel今なお約束の少年は 世界の何処かで探してる


Lears neckt ele ravience Shadirどれだけ時が経とうとも


Sm thes xeo Yer besti solitu jes kless qusi medolia lef cirkus , medolia lef zarabel あの日に聴いた 君の旋律は忘れやしない 


Hir sinka I, bekwist WeR muas ririsia harmone lef twispel 君の下へ続く詠 それを探す物語


Yer she saria stig lef xeoi peg pel時を越えて紡がれる


U da lostasia dremren Isa da boema foton doremrenそれは 歌と約束の物語


Yer she saria stig lef xeoi peg pel時を越えて詠われる


O la lspha , La selah milah ulsaその歌は、きっと君へ届くから……

f0084850_1748096.jpg




新年、おめでとうございます。

というわけで、今年1月20日(土)
『イヴは夜明けに微笑んで』 刊行されます。

本の好みというのは多かれ少なかれ誰もが違うというものではありますが、それでも、一人でも多くの方に楽しんで貰えるよう作品になるよう、努めてきたつもりです。
何卒、お付き合いくださいませ<(_ _)>


それでは、今年も宜しくお願いします。

     細音 啓
[PR]
by sazanek | 2007-01-01 00:01 | 刊行予告
<< 回る回る回る 今年、最後の更新です >>