<< 三分以内で更新 つらつらと >>

禁断の業(わざ)



……え~と、ごめんなさい(涙)
相変わらずあまりまとまった時間がとれずにいます。今回は記事というより、前々回と前回の湖面へのお返事です。
申し訳ないです、今自分に出来る精一杯なので~(ぺこり)

前々回


>宙矢さま
頑張りますです。なんかこう、色んな方に迷惑をかけっぱなしでして……
LOMは、自分も宝石泥棒の好きです。「滅びし煌めきの都」の悲しくも美しい音楽があまりに素晴らしくて……

>夏月 さま
クロノトリガーは、自分の中で三本指に入るくらい思い出のゲームです。
実は初めてクリアしたゲームがあれだったもので。
「魔王決戦」・「緑の思い出」はピアノで練習したんですよー(しみじみ)

>シキさま
エンディングがあれだけ複数あるというのも、当時としては画期的でしたよね。仕事の方は、もうじき発表ができる……のか……いやでも……えー、自分でもまだ分かりません<(_ _)>もう少しだけお待ちを

>上総かんな。さま
ミクシー(ぎくり)
い、一応もうすぐ色々とご報告ができそうな気がしなくもないです。ミクシーも、もうじき何とかいたします(たぶん)

>白夜さま
……あ、あう(涙)
実は自分も本屋さん回った時ちょこっと見てるんですが、自分以外の同期の方のが並んでて自分だけおいてなかった時のあの悲しさは──
……も、もしかしてリクエストしてくださったのですか!
本当にありがとうございます<(_ _)>
卓球は、またコメントを募集させてもらうかもです。その時は是非~

>HOCT2001さま
な、なんかゲームの嗜好がすごく合う気が致します。
ゼノギアスとクロノトリガーは自分の中で双翼かもなぁ。どちらも音楽が光田氏なのもポイント高いですよね~

>暇人さま
抉るように穿つようにねじ切るわけですね(テレビをか)
クロノトリガーは、グラフィックさえ気にならなければ今でもお勧めしたい作品です。

>柊 神楽 さま
自分も最近物忘れがひどいです。仕事中話しかけられると、今まで何をしていたか分からなくなるくらい(重傷)
──うん、ゼノギアスはいいものです。

>ラットさま
LOMはやりこみ度合いも世界観の良さも魅力でした。(だけどノーフューチャーモードだけは辛かった)
宝石泥棒、いいですよねー。

>イクスさま
お読みいただき、本当にありがとうございます<(_ _)>
むしろここからが本編かも(?)
是非是非、お付き合いください。ご期待に応えられるよう頑張ります!

>ルーラーさま
な、なんと。チェックされていたとは。
……ええ、お恥ずかしながらあの作品を推させていただきました。
二次に関しては、本当にありがとうございました。楽しく読ませて頂きましたー。

>双月蒼羽 さま
FF6なら一晩語れる気がする細音です。(誰も聞かない)
音楽は間違いなく最高級だと思います。ボス戦である『決戦』は、目を瞑っても弾けるくらいピアノでやりこんだ思い出があるくらい。
>話はそれますが、近くの書店に行った時、当店オススメの本のコーナーの一番上に『黄昏色の詠使い』がありました。
な、なんと……うわぁ、詳しくお聞きしたいかも。その本屋さんに感謝です(涙)


昨日

>鍵の方
そうなのです、なかなか現実的に実現しようとしても、日程やら何やらが中々噛み合わない。
自分の場合それに加え行動力が(ナヌ)
ただ、こうして色々計画を練るのも楽しかったりします。いつか行きたいなぁと。

>鵺さま
この時期、ようやく雪が降ってきたみたいで。スキーにはよろしいタイミングかと。
あぁ、いいなぁ。  ……ド、ドロドロ?

>ラットさま
ですねー。今年は2月3月が温かすぎて、本当に冬って感じがしなかったです。
ようやく冬らしくなってきたけど、今は暦上春じゃないのかーと天気に突っ込みを入れたくなる今日この頃。雪は見る分には良いのだけど、実際その地方の人達は大変そうで……

>シキさま
やはり温泉ですよねー(若者らしからぬ発言)
う~ん、来年の冬こそはどこかへ?

>HOCT2001さま
山陰、山陽北部。なるほど、勉強になります。
ホテルより、今の憧れはもっぱら和風だったり。……いつからこんなに嗜好が変わってしまったのだろう。

>tyuuyaoukuさま
自分もインドア派になっております。去年の冬は本当に家にずっといる感じでした。
ただ、少し雪が見たいなぁと(しみじみ)
>ところで、ウィキペディアの方で『黄昏色の詠使い』及び『イヴは夜明けに微笑んで』で検索したら、出てきましたよ(同じページのようでした)。
な、なんとっっ!
早速拝見してきました。──本当だ。どなたか存じませんが、本当にありがとうございます<(_ _)> モチベーションもアップ! あの欄が埋め尽くすぐらい頑張りたいところです。



こ、こんな感じで一つ<(_ _)>
もうすぐ色々なお知らせも出来ると思うので、あと少しだけお待ち下さい~
[PR]
by sazanek | 2007-03-16 20:15 | なにげない日常のこと | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://sazane.exblog.jp/tb/4873621
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2007-03-16 22:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 上総かんな。 at 2007-03-16 23:01 x
まぁ、しょうがないっすわ。そらしょうがないっすわ。
頑張ってくださいね。
でわでわ。
Commented by araya-shiki at 2007-03-17 00:09
記事でコメント返しって、逆に面倒な気がするのは私だけ…?

FFの音楽がお好きなら、『VOICES』と言うイベントのDVDはいかが?FFの音楽のオーケストラコンサート映像ですよ。オーケストラの『ファイナルファンタジー』や『プレリュード』はヤヴァイですよ。6は…確か『マリアとドラグゥ』のオペラバージョンしか入ってなかった気が…。今ちょっと手元にないので定かではないですが。
あとはTHE BLACK MAGESなどもお勧めです。まあコレはデジタルロック系なので、細音さんが気に入るかどうか分かりませんが。

長文失礼しました。音楽ネタになるとどうしても…(苦笑)。
Commented by 夏月 at 2007-03-17 22:25 x
コメント返しお疲れ様です。
そういえば前に細音さんがオススメしていた.hackをやりはじめましたよ(笑)
なかなかよいゲームですね。まだまだ途中なんですけど・・・
Commented by 自由気儘 at 2007-03-17 23:50 x
お疲れさまでした。ブログ記事内でコメント返しってやっぱり普通に記事書くより大変な気が……
なにはともあれ、体調にはお気を付けて。それでは。
Commented by tyuuyaouku at 2007-03-18 15:17
お疲れ様です。体調管理に気をつけてがんばってください。……しかし、記事をコメント返しに使うって……考えた事も無かったなぁ……。
……あ、記事を見て報告忘れを思い出したのですが、僕は宙矢です。どうりで前々回と前回の名前が……。それでは
Commented by ru-raa at 2007-03-18 16:23
記事内でコメント返しが行われるとは、想像もしてませんでした。
やっぱりネットの窓を二つ開いて、交互に見ながらやったのでしょうか。

そうそう、ウィキぺディアのこと、おめでとうございます。ああいうのって、一体誰が作ってくれるのやら……。
ともあれ、僕も見に行ってみることにします。
それでは。
Commented by ラット at 2007-03-19 02:18 x
ウィキペディアの件、おめでとうございます。
自分も兄の書き込みを見て、すぐに調べました。
近々、いろいろ更新出来るらしいですね。仕事のほう、ガンバってください。
Commented at 2007-03-22 13:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by goreg at 2007-06-05 13:52 x
<ahref=http://vidsplanet.net/blogs/hairstyles/hairstyles_for_prom.html>hairstylesforprom</a>[url=http://vidsplanet.net/blogs/hairstyles/hairstyles_for_prom.html]hairstylesforprom[/url]
Commented by boss at 2007-06-05 15:46 x
<ahref=http://vidsplanet.net/blogs/hairstyles/sedu_hair.html>seduhair</a>[url=http://vidsplanet.net/blogs/hairstyles/sedu_hair.html]seduhair[/url]
Commented by sonya at 2007-06-19 20:34 x
<ahref=http://movietitan-top.myblogvoice.com/>movietitan</a>[url=http://movietitan-top.myblogvoice.com/]movietitan[/url]
<< 三分以内で更新 つらつらと >>