<< 先を越されてしまいましたー……が…… 三分以内で更新 >>

日本語が一番好き。だけど英語も好きです。

すき、で変換しようとすると一発目が「梳き」、二回目が「隙」になる細音です。

……皆様、ご無沙汰しておりました<(_ _)>
まだ現状色々とあるのですが、ひとまず徒然更新を。(お手紙へのご返事は、もうすぐ出来るかな? いや、どうだろう(汗))


自分はたとえどの国の人に対しても臆せず「日本語が一番好きです」と答えると思います。
カタカナ、漢字、平仮名の使い分け+『ルビ』という発想。これが非常に面白いのではないかな~と、思ってます。
たとえばアルファベットですと
I miss you のように、文字の単語と単語の間を空白で埋めなくてはなりません。
Imissyouだと、どこまでが一個の単語か分からないから。これ、他の多くの言語でも当て嵌まることのはずです。
だけど日本語はその現象が当て嵌まらない。漢字とカタカナ、平仮名の使い分けにより、どこまでが一単語かがハッキリ分かるから。

──とまあ、日本語の良い点はさておき。
むしろ今回自分が主張したいのは、海外の発想の素敵さだったりします。
今回は英語を例にとってみるのですが、英語はルビというものがないからか、その慣用句というか決まり文句は、間接的な意味合いを持つ物が多く、そしてそれがとても素敵な意味合いを持っているなと思います。

◆ May I help you ── 直訳すると「あなたの力になりましょうか」。
普段、日本人同士で「あなたの力になりましょうか」などという大それたことは滅多に言いません。だけど英語圏ではこれを「どうかしましたか」という意味で、本当に多くの場面で用いている。
「何かあったんですか」という程度の気持ちで、さらりと「あなたの力になりたいのです」という意味合いを持たせるこの表現……すごく素敵だと思います。


◆ Its my preasure ── 直訳すると「それが私の喜びです」。
これも、日本人同士ではこんな大それたことは滅多に言えません。だけど英語圏ではこれを「どういたしまして」というすごく日常的な意味合いで言い合う。
「どういたしまして」、その言葉の意味に「お役に立てて幸いです」と言える清々しさというか、こういった紳士的な表現、とても綺麗だなと思うのです。少なくとも、こういった表現は日本人の感性では出ないだろうなぁと。


外国語を覚えるとき、慣用句や決まり文句から覚えると、すごく楽しくなる気がします。

……以上、高校三年生でリスニングの偏差値39を叩きだし、受験直前に英文学部から経済学に志望変更した者の心の叫びをお伝えしました。
[PR]
by sazanek | 2007-03-28 23:45 | なにげない日常のこと | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://sazane.exblog.jp/tb/4996658
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 暇人 at 2007-03-29 00:12 x
僕は日本語の素晴らしさはその語彙の豊富さにあると思いますね。日本語には外国語で表現できないような言葉が多くあるそうです。件の、「もったいない」とか。
あと、言葉遊びなんかも楽しくていいですよね。漢字は特に面白いです。

ちなみに、英語の僕の成績は壊滅的とは言わないまでも、まったくできません。今は何とか騙し騙しやっていますが、多分そろそろ限界。船底の穴からどんどんと水が入って沈没していくでしょう。
なので、参考にしてみます。そういう風に考えると楽しいかもしれませんね。

長々と失礼いたしました。
それでは。
Commented by ラット at 2007-03-29 01:10 x
英語は苦手です。かっこいいとは思ったりするんですけど、如何せん成績が劣悪です。
英語が紳士的に聞こえるのは、日本語訳が丁寧なのも要因の一つなのかもしれませんね。
……故に言葉が少なく感じるのかもしれませんが。
Commented by kazusakanna at 2007-03-29 10:40
でも英語にも利点が。I love youという言葉、直訳すると『私はあなたを愛しています』ですが、なんか堅苦しい気がするんですよね。その上長い。その分英語は3語で終わるのでその分楽、だか軽い気がする。
う~ん…、どっちもどっちってことで。
でわでわ。
Commented by 柊 神楽 at 2007-03-29 10:52 x
英語を和訳しろ、といわれたら迷わず翻訳機を使う英語が大嫌いな神楽です^^;
日本語って、確か世界では三番目に難しいんですよね。一番難しいのは韓国だっけ? ……どうでもいいやw
英語とかでも発音してみると面白いですよね。日本語に置き換えると別の一文になったりww
でも英語が苦手な自分は万年クラスでも尻から数えた方が早かったりしますorz
Commented by araya-shiki at 2007-03-29 16:57
英語は読めるけど訳せません…(泣)。まあ漢字も同様に読めるけど書けないのですが。歌や小説で言葉を覚えた者の末路です。…もっと頑張るかな…。
Commented by わっちょ at 2007-03-29 22:03 x
英語は個人で解釈の仕方が違う所が面白いなと思っています。
外国文学読んでると、和訳の仕方で同じ作品を訳してるはずなのに全く違う物に読んでる気になっちゃったりしますし。
そのうち原文で辞書引きながら読んでみたいですねー。
和訳と言えば、村上春樹さんが訳した作品は素敵だと思います。…………………すいません、聞いて無いっすよね。
Commented by tyuuyaouku at 2007-03-30 10:13
英語は大嫌いです。解れば面白いのでしょうけれど、そもそも単語を覚えられなかったりするので、何一つ理解できません。テストはいつも壊滅していました。

それはそうと、せきな先生の方で詳しいことを知りましたが、五月十九日の二巻発売まで楽しみにしていますね! ……また一週間遅れでしょうけれど。
Commented by 自由気儘 at 2007-03-30 11:52 x
英語は好きですが嫌いです。はい、日本語としておかしいですね。もっとわかりやすく言うと英語そのものは好きですがテストが嫌いなのです。観点が常人と若干ズレてるのでたとえ単語を知ってても語学である以上ダメダメなのです。
話は変わりますが、イヴ二巻が五月発売らしいですね。今回はどんな詠が紡がれるか楽しみにしてます。あ、そうそう。セラフェノ解読と歌詞の意味の考察はまだやってます。あきらめません、解くまでは!
それでは。
Commented by sazanek at 2007-03-30 23:45
>暇人さま
言葉遊びは自分もかなり好きです(笑)
語彙も、英語圈は英語圏で実は多いとも思うのだけど、中々そこまで勉強ができてないです。がんばらねば~(涙)

>ラットさま
>英語が紳士的に聞こえるのは、日本語訳が丁寧なのも要因の一つなのかもしれませんね
なるほど。やっぱり素敵な訳者さんがいると、違うかもですね。
同じ英文でも、訳者さんの性格で大分違ってくる気がしますし。

>kazusakanna さま
>3語でおわる
な、なるほど(笑)
たしかに、英語の文章を訳そうとすると、日本語の方が長くなるときって自分もありました(自分の訳レベルはちょっと低めですが)。
実際どうなのでしょう、そこらへん。

>柊 神楽 さま
翻訳機使って、とんでもない訳が出てくるのが好きです(ォィ
>日本語って、確か世界では三番目に難しいんですよね。
あ、これは知らなかったです。むしろ、2番と1番が気になるなぁ。韓国語は、非常に論理的な体系であるというのは聞いたことがあるのですが。
Commented by sazanek at 2007-03-30 23:59
>araya-shiki さま
読めるどころか、自分は発音すらひどかったらしいですー。
完全にライティング・リーディング特化型の人間になってしまって。受験戦争とは恐ろしい(人のせいにする無責任者)

>わっちょさま
>そのうち原文で辞書引きながら読んでみたいですねー。
あー、それはすごく英語の力つくらしいですよ。ただ、ハリーポッターくらい分厚いのになるとちょっと自分も……力尽きそう(笑)

>tyuuyaouku さま
ライティングとリーディングに関しては、どうも英語は単語を極めればそこそこいけるようです。……まあ、ヒアリングがだめな人間のうすっぺらい経験ですが(汗)

そして二巻発売、ようやくです。なにとぞお付き合いお願いします<(_ _)>

>自由気儘
是非とも、セラフェノ語の解読は続けてほしいなぁと個人的には思ってたりします!
そして、多分それだけの見返りは後々あるかと思います。分かる人だけに分かる伏線も……ある? ど、どうだろう(汗)
何はともあれ、二巻宜しくお願い致します!
Commented by 柊 神楽 at 2007-03-31 11:57 x
確か世界で1番目に難しいのは韓国語で、2番目が中国、3番目が日本だったかな?
特に韓国語であるハングル文字は世界でもっとも数が少なくて、組み合わせで別の文字になるとかで……パッと見、何書いてるか分かりませんし^^;
<< 先を越されてしまいましたー……が…… 三分以内で更新 >>