<< めずらしく早く 踊る世界、謳う決意の旋律 >>

お知らせ(長くなるのでMore仕様です)


◆1:黄昏色の詠使いⅣ『踊る世界、イヴの調律』、11月20日(火)刊行されましたー!
まだ一部の本屋さんでは入荷していないところもある模様ですが、中には即日にすぐ本の感想を下さった方もいらっしゃいました。
頂いたご感想へのお返事は、前回の記事のコメント欄に書いてくださった人にも今回の記事のコメント欄に書いてくださった人にも、2~3日中には必ずできると思います。


※突然の諸事由によりお返事が途中の方で途中でとまっています。(25日午後9時現在)
頂いたご感想もゆっくり読ませて頂いておりますので、少々お待ちくださいませ~




◆2:ラジオ出てました(こっそり)
下の日記でdora-ocean様がコメント下さって、自分としては「とうとうバレたー(号泣)」という感じです(笑)
11月18日の富士見ティーンエイジファンクラブ。10代の声優の方に混じり、きょろきょろ混乱しながらラジオ出演です。いや……報告はしたかったのです。だけどその時風邪ひいてて、本当にベッドに寝てるしかできない生活が続いてたので。
そして、何よりすんごい緊張しながらの録音、もう自分で聴いてて恥ずかしい恥ずかしい……
担当編集さんからも「そんなに怯えなくて平気ですよ」というアドバイスをもらった程です。

ちなみに過去放送分が富士見ティーンエイジファンクラブ様のHPにて公開中(後悔中?)です。
ただ、本というものはあくまで文章での評価と印象が一番大事だと思いますので、ラジオでその印象が崩れる可能性もあります。それがあるのであまり自分自身としてもここで猛プッシュはしずらいと言いますか……
もしそれでも聴いて下さるという方がいらっしゃった場合、「富士見ティーンエイジファンクラブ」で検索し、11月18日の放送分をクリックしてみてください。(自分の分は途中までで、後半は『ご愁傷様、二ノ宮君』になります)

※ 本当に、本当に緊張で何を喋ったのかすら当時の記憶がありませぬ。ラジオの中身も、真面目に捉えてはいけません。ていうか、あれはもはや自分の声じゃないよ……


◆3:  『このライトノベルがすごい2008』  
宝島社から11月22日に刊行されました『このライトノベルがすごい2008』にて、
『黄昏色の詠使い』が9位に選ばれました。
自分が知ったのもつい最近だったのだけど、本当にありがとうございます(イラストレーターの竹岡美穂さんはイラストレーター部門で2位でした、すごい!)

TOP10入りということで誌面にて物語の概要が紹介されております。
あと、何より嬉しかったのは「心が震えた名台詞」。
このトピックにて、作中に出てくる〈讃来歌〉がかなり大きめに紹介されていました。
そう、読んでくださった方ならピンと来るかもしれません、1巻のあの詠です。
大きめの本屋さんならば並んでいるかと思いますので、もし見つけたらパラパラと眺めてくださいませ~!

というわけで、本当に、力強い応援ありがとうございました。
[PR]
by sazanek | 2007-11-23 13:18 | なにげない日常のこと
<< めずらしく早く 踊る世界、謳う決意の旋律 >>