<< くるくるくるくる 黄昏色の詠使いⅥ『そしてシャオ... >>

そしてシャオの福音来たり


あなた、シャオと何から何まで反対ね


「本質が反対。
心も、名詠式も、愛する者も、みんなみんな正反対。
でもあえて共通点を挙げるなら──」


一つの始まりは、雪風の舞う冬の城……

xeoi loar besti torn -l- kele禁じられた旋律がここにある


zeon lef kamyu da goen uc zarabel lef nazarie Ies知られざる祈り、踊る世界の調律者たちよ


「あなた、シャオと何から何まで正反対ね」
……あの城で、カーテン越しにそう言われた時から、僕は、なんとなく感じてた。

f0084850_19273932.jpg


今はまだ顔も合わせたことがない。どんな人かも分からない。
だけど、いつか必ず巡り会う。
巡り会う時が迫っていることを、感じてた。


冬の時間が、やってくる。
季節は秋から色を変え、凍える季節へと移りゆく。
木々は葉を落とし、動物は冬眠(ねむ)り、魚は氷の海で動きを止める。



xeoi loar besti torn -l- kele始音を越えたその先で


O sia Sophia , Yem ele dia quo ririsia tisあなたは微笑むように泣くでしょう



Ende , Xeoi zelah sis leya quo riris──そして、シャオの福音来たり

[PR]
by sazanek | 2008-04-16 21:16 | 刊行予告
<< くるくるくるくる 黄昏色の詠使いⅥ『そしてシャオ... >>