<< 120秒以内に更新を 4月もおわり >>

GWが終わってしまうー


GWももう終わりですー、残念。
でもこの四日間、自分の脳内時計の内ではなかなか長く感じた気がします。

主な内訳:お仕事系3日、遊び1日

お仕事は小説の方をマイペースにねりねり。
遊びの方は高校時代の部活(山岳部)の友人と一緒にまったりと。

ところで嬉しかったことが、寝る前に本を読む時間ができたこと!
これは大きかったです。
本と言ってもライトノベルがメインで、特に自分の知り合いの作家さんのものを中心に読んでました。買えなかった本を買ったり、再読したり。知り合いのだから読もう義務というわけではなく、やはり自分は読むことそのものが好きなようです。
というわけで、楽しい四日間でした。

下のコメントでアドバイスを下さった方、ありがとうございます。
……サイトのお勉強もしなくちゃなあ。これは地道にゆっくりタグを覚えていかなければ。


あと追記:

一つ下の日記でご報告をいただいたのですが、『黄昏色の詠使い』は台湾などでも刊行させていただいてもらっています。(ライトノベルでは珍しいことではないようです)
中国語訳では『黄昏色的詠使』になるみたいですね。

日本語から中国語への翻訳にあたり、当初は些細な不安もあったのですが、今回台湾から感想をいただけたことで不安を全てぬぐいさることができました。
海外出版にあたり携わってくださった全ての方に、この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。

というわけで、もしアジアへ海外旅行へ行かれる方、もし偶然中国語版の『黄昏』を見つけられた時はぜひご一報を!  
(しかし当の自分はまだ海外に行ったことがないのです。まずいなあ……)
[PR]
by sazanek | 2008-05-06 19:28 | なにげない日常のこと | Trackback | Comments(22)
トラックバックURL : http://sazane.exblog.jp/tb/8012286
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あくあ at 2008-05-06 20:58 x
GW、殆ど家でダラダラしてました。
……次の休みこそはどこかに行きたいものです。

黄昏の中国語版、ですか……中国語の勉強に良いかも?
ですが、私も外国には行ったことがありません。行く予定もありません。残念ながら。

もし見かけたら即買うでしょうけどね。

では。
Commented by マギーくま at 2008-05-06 21:04 x
さ、山岳部?……失礼ながらイメージに合いませんね。どこかに登りに行ったりしたんですか?聞いてみたいです。

中国語版ですか。……確か今年度の最後のほうに会社の研修で中国の工場に見学に行く機会があったような…。行って時間があれば買おうと思います。読めないので保存版になることは確定ですが。
Commented at 2008-05-06 22:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ラット at 2008-05-06 22:43 x
なるほど、中国語版も発売したのですか。
GWは自分はだらだらと過ごしていました。
それにしても山岳部……失礼ですが、貴重な生物を追い回したりしたのですか?(笑)
Commented by さとし at 2008-05-06 22:54 x
GW……よく思い返してみれば特になにもありませんでした。
現在海外旅行に行く予定は一切ありませんが、もし行くことがあってしかもそこに黄昏色があれば買います!
では、お仕事頑張ってください!!
応援しまくってますよ!
Commented by planaria at 2008-05-06 23:20 x
GWはあっという間だったような…。
念願のMYパソコンを購入し、ひたすらにレポート作成してたような…。
一応家族で日帰り旅行はしましたけど。

中国語ですか…。マンガならよく聞く話ですけど、ラノベでもあるんですね。

サイトの更新楽しみにしています。からだには気をつけて頑張ってください。
Commented by shin at 2008-05-06 23:26 x
はじめまして、初めてコメントさせてもらいます
最近先生の本を読んですぐにファンになりました、もっと早くよんでいれば!と切実に思っています

中国版があるとは知りませんでした、中国語があるということは英語もあるのでしょうか??
英語なら多少読めるのでもしあるなら読んでみたいですっ

それでは
Commented by yuyuismcat at 2008-05-06 23:39 x
細音先生に台湾からの応援を知らせて上げられてうれしく思います。^^


中国語のラノベはいっぱいありますよ、台湾で。(笑)
でも中国は…やっぱり台湾と違いますね。
ちょっと失礼かもしれませんけど、中国ではよく出版社の承認がなくても勝手に海賊版の本を発売するのです…
それで、いろいろ面白いものがありますね…
たとえば、日本でまだ出版されていないのに、オフィシャルと称してイラスト付き同人小説が出版されるとか…


先生の返事をありがとうございました。
これからも黄昏色を応援します!
Commented by at 2008-05-07 12:26 x
@shinさん

http://www.icv2.com/articles/home/8595.html
ライトノベルの英訳についてはTokyoPopが2年前から手がけていますが、翻訳コストの上乗せと市場構造の違いからあまり浸透はしていないようです。むしろ、インターネット上でファンによる海賊版(明らかに違法ですが製作者は善意のつもりだからタチが悪い)が広く流通しています。英訳からの重訳という形でアジア・ヨーロッパ諸語へのローカライズも進んでいます……。

>……サイトのお勉強もしなくちゃなあ。これは地道にゆっくりタグを覚えていかなければ。

やや遠回りになるのですが、スタイルシートから始めるというのはいかがでしょうか。一度スタイルを設計してしまえば、あとは「見出し」「強調」などの論理構造を記述していくだけですので更新の手間がずいぶん軽減されます。いちいち「フォントを大きくする」などの具体的効果指定をする必要がありません。
http://www.kanzaki.com/docs/html/htminfo17.html

初期学習コスト+運用コストの総コストで考えた場合、論理マークアップへの転向は合理的な選択肢だと思います。マクロ記述などのEUCにも強くなりますし。
Commented by ru-raa at 2008-05-07 15:18
海外で、というとなんか、すごい人気作というイメージを受けますね。
あ、僕のGWはまったくもっていつもと変わりませんでした。
強いて挙げるなら、いつもよりも仕事が忙しかったことくらいでしょうか。
それでは。
Commented by kazusakanna at 2008-05-08 01:39
さざね隊長、応答願います。………あ、つながった。
台湾版の黄昏色を読みたいんですが、日本で手に入りますかねぇ。
中国語を少し勉強してる身としては、そういうものは読んでみたいと思う訳ですよ。あと単なるコレクター精神。

ぼくのGWは県外に拉致られたりしました。
うわ~ん……。
Commented by ユキ at 2008-05-08 22:32 x
台湾版の写真拝見しました。ちょっと漢字だと漢字が違ってかこよかったです。一冊ぐらい欲しいです。フィリピンかシンガポールに売っているなら、頼んで買ってもらえるのですか……どうでしょうかね?
GWは特に用事はなかったです。友達と一緒にディナーバイキングを食べに行ったぐらいで近場でしたし……
そして、細音先生わざわざ御越ししてありがとうございます。サイト改装の際に、スターダストさんを色々と利用させてもらいました。黄昏とも相性が良さそうなので、文章のバックに使用したいと思っています。
GWお仕事ご苦労様でした。
Commented by 暇人 at 2008-05-09 21:31 x
ゴールデン? むしろクリムゾンじゃね?

なんて言ってた友達がいました。ある意味、同感です。今現在、黄昏色の最新刊を発売日にゲットしておいて、なのに読めていない状況です。もーしわけない。

ところで細音さん、山岳部だったんですね。ぼくも実は高校時、山岳部でした。大した山は登ってないんですが(苦笑)
それに、ぼくは登ること自体よりは、登った後の景色が目的でしたね。富士山行った時に雨が降ったのがくやまれます。

……そういえば、タグは知り合いのできる人に丸投げしてしまうのも、ありといえばありだと思いますけど。
Commented by クロガネ at 2008-05-09 22:54 x
ついに、ついに6巻が手に入りました! ヽ(>▽< )ゝ三ノ( >▽<)ノ
もう何年ぶりになるかわからないアニメイトにはるばる足を伸ばすことで遂に入手!
現在、急ピッチで確実に堅実に読み進めております。

うちのGWは家でダラダラするだけで終わりました。
自分で選んだ道なので、後悔はしていないです。
Commented by 柚子色 at 2008-05-10 17:01 x
GWですか……
なんかゆっくり休んだ気がしません。部活とか、用事とかで色々と忙しかったなぁ…っていう、うすっぺら~い思い出しかできませんでした。(T_T)

そういえば…最近、友達に黄昏を進めました!
結果は…
とても気に入ってくれましたよ~(^v^)

でわ!
サイトの解説ページの更新も楽しみにしています。
Commented by PLUM♪ at 2008-05-11 00:25 x
GWは色々と忙しかった記憶しかないです^^;
でも、家でダラダラしてるよりはそっちのほうが充実してるかもしれないですね。
台湾に行く機会・・・はしばらくないかもしれないですが、あったら本屋に寄って探してきてみたいと思います。
Commented by 桜野 春月 at 2008-05-11 02:31 x
6巻はトレミアの日常が垣間見えて面白かったです。

GWは一日だけ某ビックサイトのイベントと千葉方面ぶらり旅をしました。台湾版……探してみよう。
Commented by sazanek at 2008-05-11 22:48
>あくあさま
家でゆっくりできることが、やっぱり一番幸せだと思います。
旅行に行くのはその次!
……でも、来年は自分もどこかに行きたいなあと思います(笑)
少し外に出て、いろんなものを見て回りたいですね。

>マギーくまさま
登った山については次回の日記をご参照ください(意味深)
中国語版ということで中国にたくさん出回っているかはわからないけれど、もし見かけたらご一報くださいね!

>鍵の方
初めまして、コメントありがとうございます。
カインツとイブマリーの短編については、1巻を書き上げた時から書きたいと思っていたものでした。そういう意味では、ようやく今、1巻の全てのエピソードを描けたのかなという気もします。
もしこのお話で少しでも元気になってくださったのなら幸いです。これからもご期待に応えられるよう頑張りたいと思っています。

>ラットさま
奇妙な部活でした、山岳部。詳細はまたつれづれとご紹介できればと思っています。奇妙な生物というか……むしろ部員が奇妙だったかもしれません(笑)
Commented by sazanek at 2008-05-11 22:58
>さとしさま
自分も、たまたま仕事と遊びの予定が入っていただけで、普段は何もないかもしれません。……そういえば去年は何をしていたかなあ。
一年前のことが思い出せないこの悲しさ(汗)
中国語版は、細音もいつか勉強して読んでみたいところです。

>planariaさま
MYパソコン購入、日帰り旅行。素敵な響きです~
自分のパソコンでするレポートは、なんか他と違いますよね(笑)
サイトの方は実は完成しているのですが、諸事情ゆえゴニョゴニョ

>shinさま
初めまして、コメントありがとうございます。
「黄昏色の詠使い」、気に入っていただけて感謝です。7巻から山場の連続になるかと思いますので、どうかご期待下さい。
英語版はさすがにまだ刊行されるという話はきいておりません。英語だとタイトルは何になるのかなあ。気になりますよね!

>yuyuismcatさま
こちらこそ、ご丁寧にありがとうございます。
中国や台湾のライトノベル事情など、自分もまだまだ勉強不足でしたので、教えていただけて勉強になりました。
これからも宜しくお願いいたします。
Commented by sazanek at 2008-05-11 23:05
>敬 さま
す、すごい。本当にお詳しそうですね。
なにぶん普段使うソフトが一太郎オンリーゆえ、PCに疎いまま育ってしまった気がします。
会社の人たちにも負けないよう、エクセルも含め頑張らなければですね!

>ルーラー様
関係者さまに本当に感謝の連続です。
ご厚意に甘えるばかりでなく、お返しできるよう精進しなくては~!
ところで、GWもお仕事があったのですか……大変そう。

>かんなさま
中国語を勉強されてるとは凄いです。
細音は、大学時代にドイツ語を履修したけど、教師が合わないという理由で、そこから熱意が薄れちゃって……
中国語版についてはちょっと調べて、ご報告できればご報告いたします。

>ユキさま
フィリピンかシンガポール……な、なにやら凄そうなコネクションをお持ちなんですね。
これについてはお調べして、またご報告いたしますね。
……それにしてもディナーバイキング、素敵です。いいなあ。
Commented by sazanek at 2008-05-11 23:11
>暇人さま
富士山はなかなか天候に恵まれないですよね。自分もいつも霧がかっちゃってて。レインコート着てブルブル震えてました。
拙作については、どうか時間のある時にでもお読み下さい~。
7巻まで、まだまだ時間があるようですし!

>クロガネさま
6巻、ご報告ありがとうございます。
GW,たまに身体を休めるという意味ではゆっくりするのも大切ですよね。
外に出てリフレッシュもいいけど、本当に身体をリラックスできるのはやっぱり自分の家だけだと思います。

>柚子色さま
GW,充実してたのが伝わってきました。お疲れさまです。
黄昏、薦めていただいてありがとうございます!
ご友人にも気に入っていただけたということで、本当に嬉しいです。サイトも含め、黄昏本編はいよいよ物語全体の山場に入ります。どうかご期待くださいね。


Commented by sazanek at 2008-05-11 23:15
>PLUM♪さま
充実しているのはいいことだと思います!
台湾は細音も行ったことがないけれど、いつか行ってみたいなあ。当地の本屋さんを回ってみたいです。

>桜野 春月さま
6巻、お読みいただいてありがとうございます。
トレミアの日常風景は、また機会があれば描きたいと画策中です。まだまだイベント(?)は盛り沢山です。

ぶらり旅、なんかすごく憧れる言葉です。細音も電車で適当に遠くへ出かけてみたいなあ。(……し、資金が(笑))

<< 120秒以内に更新を 4月もおわり >>