<< 本気でマズイ…… 惨劇のアト >>

12月

■Q & A コーナー■
Q:インクは衣服につかなかったのでしょうか
A:服の内側につきました。腕を通ってつぅーっと裾に入ったおかげで外はほとんど目だたないのですが、内側の肘くらいまで真っ赤です。でもこれぐらいじゃへこたれません。ちゃんと着続ける所存です。

Q:インクは頻繁に詰め替えるんですか
A:おおよそ本1冊につき1~2回は必ず詰め替えます。紙媒体での推敲は多い方だと思うのだけど、たぶんもっと多い人はもっともっと消費してるのではないかと。

まず最初にご連絡……赤インク、ほとんど剥がれてくれました。
コメントでたくさんの方からアドバイスを頂いて、とにかく片っ端からやってみよう! と意気込んでいたら、2日経つかどうかくらいの間にかなりインクの色も薄まっていてくれました。
アドバイス等たくさんいただき、ありがとうございましたー!

しかしまあ、インクの詰め替えは危険ですという教訓デス。
(その一月後、懲りずに詰め替えインクを買いだめする細音の姿が……?)
 
さて、というわけでして今日の本題に。
あと2週間ほどで富士見12月の刊行日になります。
石踏さんのD×D、絶好調らしいです。第2巻も何やらスゴイ模様。
せきなさんももちろんですが、改めて、おそろしい先輩作家様が周りにいらっしゃるようです。


と、できればそれに続けることを願いつつ……
黄昏色の詠使いⅧ『百億の星にリリスが祈り』──12月20日に刊行です。
表紙はシャオとクルーエル。
今まではネイトとクルーエルのペアだったから、今回は少し変則型かも?
f0084850_16312327.jpg

(富士見ファンタジアの公式サイトより)


それにしても……なんとか年内にお届けできそうで嬉しいです。今回も竹岡さんと編集さんはじめ、印刷関係の方々に本当にお世話になりました。(現在進行形)

内容は7巻のラストシーンからいきなり入るという、黄昏では今までなかった完全続きもの。
緊張感を維持しつつ、内容的にも盛り上がる巻にできたと思います。たぶん、良い感じに『濃い』お話になっているのでは。
あと2週間ほどとなりますが、どうぞよろしくお願いいたしますー!
[PR]
by sazanek | 2008-12-06 16:37 | なにげない日常のこと
<< 本気でマズイ…… 惨劇のアト >>