カテゴリ:報告( 53 )

次の次

エデン5=2010年12月
エデン6=2011年 3月
エデン7=2011年 6月
エデン8=2011年 9月
***= ??年 ?月


……ぜぇはぁ。
というわけでたった今、担当編集S様あてに***の原稿を送り終えた細音です。
……ああ、僕もう眠たくなってきたよパトラッシュ。そんな童話の主人公にはなれそうにない細音ですが、ひとまず今夜~編集S様のチェックが終わるまでは一段落できそうな気がします。

よーし、ここから一気に何しよう!
ゲームするぞー → テレビ無い。携帯ゲーム機無い。
外に出て遊ぶぞー → 室外恐怖症。
漫画読むぞー  → 家に本をおける余裕が皆無。


……さ。次(9月)の次の次の原稿やろうかな。

=============================

ちなみに、お醤油新しいの買いました。
平気な気もするけど、やっぱりこれで体調崩しても勿体ないかなーと。休んだら原稿が
[PR]
by SazaneK | 2011-08-28 23:30 | 報告

静かな刊行日


というわけで、一応本日が『氷結鏡界のエデン6』の刊行日です。

本当なら本屋さんに出かけて本が並んでいるのを見てみたかったのですが、〆切が来週なので断念。計画停電にそなえてノートパソコンも買ったのですが、そろそろ使う事になりそう?

あと、そういえば本全体の流通が大変なようですね。
本屋さんに行きたかったというのも、実はそれを確認したかったわけですが、実際にエデンは入荷されてたでしょうか。このような状況ですので入荷されていなかったとしても、しばしお待ちいただけるとありがたいです。

……そういえば、風邪ひいたのか喉が痛いです。
寒暖の差が激しいので、皆様お気をつけくださいませ。細音ものど飴舐めまくってます。
[PR]
by sazanek | 2011-03-19 22:24 | 報告

ある意味自分のメモもかねて


ツイッターなるものについては検討続行中。どうなるかなぁ……


さてそれはともかく、現在ブログのコメントやメール等のお返事が滞っちゃっておりまして大変申し訳ありません。内容は一つ一つ楽しみに読ませていただいてますし、これはと思ったものには、個別のお返事が遅れても当blogで話題にしたりと最低限のフォローはしていく所存ですっ!


というわけで本日のお便り回答コーナー!
(この、さも毎回恒例のように振る舞うのがコツ)

『エデンの短編がドラゴンマガジンに掲載されているバックナンバーをおしえてください』

というわけで、細音のマイメモも兼ねてここに書き留めておこうかなと。
ただし細音の記憶とかファイルを頼りにお返事をしているものなので、確実性は保証しかねます。確実なのは……うーん、何かいい方法あるのかな?
まあ、とりあえず細音のメモだと以下のようになってます。

■2009年9月刊行のドラゴンマガジンに2本掲載(エデン1の刊行と同日)
・「まさかの彼女がラスボスでした」
・「星空いっぱいに願うこと」

■2009年11月刊行のドラマガに1本
・「いたずら巫女の花言葉」

■2010年1月刊行のドラマガに1本
・「グラビティ・インパクト」

□2010年3月刊行のドラマガの付録エデンポスターの裏にショートショート
(時期だけ自信ないです・・・)

■2010年5月刊行のドラマガに1本
・「巫女のお守りは大変でした」

■2010年7月刊行のドラマガに1本
・「蝶とデートと夜色トカゲ」

■2010年11月刊行のドラマガに1本(予定)
・「タイトル未発表なのでそれから~」

あとはエデンの1巻、2巻、4巻でそれぞれペーパー用にショートショートを書き下ろしています。
短編集については未定ですが、たぶん……ごにょごにょ。
ただし出るとしても、全てが掲載されるかというとお答えしづらいところです(汗)

という情報コーナーでした。
上にもありますが、11月のドラマガについてはドラマCD合わせということで、カスカベアキラ先生のカラーイラスト付きです。綺麗!


ではでは、また来週くらいにお会いしましょう!
[PR]
by sazanek | 2010-11-13 21:43 | 報告

ドラマCD化


先日の続き、お知らせ編です。
ええと……2010年12月、『氷結鏡界のエデン』のドラマCD化 が決定しました!



★制作元のマリン・エンタテイメント様のウェブサイト
「エデン」特設ページ
こちらも続々、更新されていくようです。

富士見ファンタジアでの8月特設ページ 
アンケートに答えると特典がもらえる?

おぉぉ……っ!
と自分で感嘆の声を挙げてみたりしてみましたが、細音自身びっくりしたのは事実です。だって事前にお知らせ一切なし、編集さんの電話一報目が「決まりました」なんだもん(笑)

ともあれ、ドラマCD化が決まったのも、このブログに来てくださっている方をはじめ、「黄昏色の詠使い」や「エデン」を読んでくださっている方の応援のおかげです。本当にありがとうございます!

声優さんとか、そういった報告等は今後少しずつお知らせできると思います。
まだまだここからだけど、「エデン」を読んで下さっている方に心から自信をもってお送りできる物になるよう、細音も頑張ります。

ではでは、今週は取りいそぎご報告ということで。
来週以降はエデン4のお知らせもできると思います。よろしくお願いいたしますー!
[PR]
by sazanek | 2010-08-07 19:56 | 報告

簡易更新デス


ブログのアクセス数を見ると、平日と休日の差が実に2倍くらいあったりする我がブログ。
きて下さる方々が「更新は土日のどちらかに違いない」というのをご存じだからなのでしょう。




……ふっふっふ。



そんな中、突然その常識を覆すイタズラ大好きな金曜日更新です。にやり。


……いや、単にお知らせをするからという理由なので、偉そうにニヤリとしている状況ではないのですがー(汗)

◆お知らせ
土日に更新しようとしていた内容ですが、ごめんなさい、月曜日の更新にさせてくださいませ。
さてさて土曜日は普通な生活なのですね。じゃあなぜ日曜日に更新しないかというと、日曜日に人と会う約束があって、その報告がもしOKならば更新も月曜日なのかなーと。


◆黄昏のこと
まだ書店さんに無いというご報告も頂いていて……恐縮です。
そういった流通経路には明るくないのですが、小ネタとしては、「待つ」より本屋さんに注文してくださると良いようです。その方が本屋さんとしても今後の扱い数を増やしてくれる……のかな? そこは自信がないのですが、いずれにせよ「注文」は有効な方法のようです。地方の方も是非おためしあれ!

◆エデンのこと
刊行前なのに本当にたくさんの応援を頂いてすごく嬉しいです!
細音自身は、実は緊張のあまり気を抜くと本気で気を失いそうなくらい緊張してるのですが、多くのメッセージのおかげでかろうじてSP(精神ポイント)残量1くらいで耐えてます(笑)
その分、精神力全て使いきるくらい良い作品に仕上がったと思いますので、9月19日(土)はどうかよろしくお願いいたします!

引き続き、特集サイトのリンクはこちらです


◆今後の更新のこと
blogの更新は、たぶん月曜日と木曜深夜だと思います。
月曜日の方は割と日常話とちょっとした報告予定…………木曜日の方は、勘の鋭い方はわかっちゃうかも。やっぱり新シリーズの最初ですし、きちんと用意したいところです。がんばらねばー!


あれ、簡易更新のわりに結構な分量になったかも!?
コメントのお返事は……ごめんなさい。5連休の時に時間をつくれるように頑張ります!
[PR]
by sazanek | 2009-09-12 00:40 | 報告

黄昏色の詠使いⅩ


角川ウェブサイトで公式に発表されていましたので、

黄昏色の詠使いⅩ「夜明け色の詠使い」、8月20日刊行です

「黄昏」の世界におけるネイトやクルーエルたちの、一つのゴールの巻になるかと思います。
9巻から5ヶ月空きというお時間を頂いていましたが、その分、最終巻にふさわしいものに仕上げたつもりです。

また詳しいことについては7月以降にご報告できればと思いますので、よろしくお願いします!



------------------------------------------------------------------



あと、お知らせその2です。

……ええと、突然ですが8月にサイン会をさせていただくことになりました。
もしよろしければ是非是非お越しくださいませ。


ただ、場所は日本ではありませんが・・・


サイン会、日本でもやったことがないというのに、なぜか台北にお呼ばれされました。

サイン会 in 台北漫画博覧会 (企画:台湾国際角川書店さま)

【サイン会主旨(書類そのまま)】
2009年8月12日から8月17日まで行われる2009年台北漫画博覧会で、『黄昏色の詠使い』の作者である細音啓先生を招き、サイン会を開催したいと思っております。

①回目
◆場所:台湾
◆日時:8月13日(木) 12:30~14:00
◆場所:台北世界貿易センタービル2階
◆参加人数:120名
◆参加方法:2009年8月12日から8月13日午前11時まで、漫画博覧会の台湾角川ブースで、『黄昏色の詠使い』第7巻を購入する読者に、会場での抽選券を配布

②回目
◆場所:台湾
◆日時:8月13日(木) 16:30~18:00
◆場所:紀伊國屋書店(台北市復興南路一段39)
◆参加人数100名
◆参加方法:2009年8月12日から8月13日午後3時まで、紀伊國屋書店で『黄昏色の詠使い』第7巻を購入する読者に、紀伊國屋書店でのサイン会の抽選券を配布。

……ええと、ちょっと参加難易度の高めなサイン会ではありますが、もしよろしければ日本からも是非いらっしゃってくださいませ。

たぶん人数的には余裕なくらいゆとりがありますので、もし8月に海外に行かれる予定があるという強者な方がいましたら、細音としては常時ウエルカム状態だと思います。(当日は、サイン会以外にもちょっとしたおまけイベントがあったりなかったりという噂が)

まさか、人生初の海外旅行がサイン会になるなんて(汗)
というわけで、前回ブログでオススメしていただいた漫画を機内にたくさん持ちこんで、初の海外旅行に行ってきたいと思います。

……繰り返しになりますが、日本からお越しいただくのも細音は常時ウエルカムなのです。もちろん無理をなさらぬ程度にですがー(笑)
[PR]
by sazanek | 2009-06-28 18:26 | 報告

中間報告


はたして本報告ができるのかもわからない状況ですが……

既に葵さん、石踏さん、大楽さんのブログで記事になっているように、土曜日に葵さんのマテゴハウスにお邪魔させてもらっていました。
今回はお鍋企画ということで、みんなでお鍋を囲みながらゲームをしたり雑談したり、やっぱりゲームをしたりという感じです。その時なぜか細音と大楽さんの不仲説で盛り上がったりしたのですが、そんなことはないのですよ?(受賞時期は大楽さんの方が一年早いのですが、実は同い年だったり。)

というわけで、大楽さんともブログをリンクさせていただきましたー!
大楽さんは一言で言うと「自由人」みたいな人で、とにかく周りに明るさを与えてくれる方なのです。新作も仕込み中ということなので、楽しみ。ちなみに、マリオカートとバンドブラザーズがやたら上手いです。メンバーの中でも葵さんと良い勝負ができる随一の逸材で、天性のゲームの才能があるような気がします(笑)

と。
実は明日から職場が変わるので、今日は手短にご報告でした。
(……次は、いつの更新になるのでしょう)
[PR]
by sazanek | 2009-03-31 21:24 | 報告

本気出した?


更新する更新すると申し上げていた件ですが……
黄昏色の詠使い8巻までの世界観ページを更新しました。

今回は……とにかく更新する情報量が半端じゃなかったです。
単語解説のところなどは特に読み応えあるものになっているかと思いますので、お時間ある時にお茶菓子でもつまみつつご覧くださいませ。
(風邪薬飲みながら……何とかなるものだなあ)

サイトの方へジャンプ(右下のNovelからお入りくださいませ)

そして、遅れましたが
黄昏色の詠使いⅨ『ソフィア、詠と絆と涙を抱いて』  
2009年3月20日に刊行予定です。

こちらもどうぞよろしくお願いいたしますー!
[PR]
by sazanek | 2009-02-28 23:21 | 報告

8巻、12月刊行です


気づくと一週間経っているのが恐ろしい……更新もすっかり週一ペースです。
昔はこっそりせきなさんのブログペースを超えてやると奮闘した時期もあったのですが、あれは無理だと自己解決!

ところで、石踏さんのブログでDDが12月だというお知らせを見てようやく、12月の富士見情報がウェブで更新されているのに気づきました。石踏さんチェックが早いです……自分は……ああああっっ。一人だけ情報の波に乗るどころか、情報の海で溺れてる?

さてさて、というわけで。
黄昏色の詠使いⅧ巻『百億の星にリリスは祈り』 12月20日刊行予定です。
7巻からの続きゆえなるべく早く出せればいいなと思っていたのですが、なんとか年内に刊行できそうでほっとしました。

あらすじについてはウェブの情報等をご参考頂くとして、出来は……編集の方の反応を見る限りはたぶん良いはずです。

編集の方のお仕事は何より作品の向上が基本ゆえ、「面白い」という感想より「ここをこうしていきましょう」というものが多いです。(実はそれが細音だけという可能性も多分にありますが~)
そんな中、黄昏の1~7巻で過去一度だけ、初稿を読んだ編集さんからのメールの第一声が「面白かったです!」であったことがありました。

それが、今回の8巻で2回目になりました。

イメージとしては、水をあげていた花のつぼみがようやく咲き始めたかなという感じ。
とはいえ初稿で完成というわけでなく、今はそこから少しでも更に良くなればいいなと洗練期間。
あと二月ほどお待たせいたしますが、ギリギリまで頑張ろうと思っていますので、どうぞ宜しくお願いいたしますー。
また少しずつ情報もお出しできればと思います。

……ご、ごめんなさい。そのような理由ゆえちょっと修羅場継続中です。
コメントのお返事、前回の分は割愛させてくださいませ。(でも一件一件ぜんぶ読ませてもらっていますです!)

※ なお、初稿から「面白かったです!」と言ってもらえた1回目が1~7巻のどれだったかは、ご想像にお任せします(笑)
[PR]
by sazanek | 2008-10-25 17:48 | 報告

報告などなど


寝不足ゆえ電車の中、つり革に掴まってガクンガクンしてました。
今日こそは早めに寝ようと思います。

--------------------------------------

……というので終わるわけにもいかず、ご報告をいくつか。

◆『黄昏色の詠使い』の補完サイト
来週の月曜か、火曜の休日を挟んだ水曜日にを予定しています。今回は
◇7巻の用語
◇7巻のオラトリオUP
◇真言の解説部分の第一弾
◇ミオの不思議発言第一弾(これは更新日にこちらのブログでもUPします)

等を更新予定。
ミオの不思議発言集への期待コメントが予想以上に多くてビックリしています。来週の更新は第一弾なので、まずは黄昏本編に則したものをご用意する予定です。
以上、お付き合い頂ければ幸いです(ぺこりっ)


◆9月の新刊など

ブログリンクさせてもらっている葵さんの『生徒会』(絶好調!)と、石踏さんの新作がお披露目になる予定です。

生徒会はファンタジア20周年などでも代表を飾ってまして、本当に大活躍な作品です。
小説以外にも漫画のチェックやドラマガでのグッズのチェック等もなさっているらしく、あえて言うなれば、葵さんが働きすぎで倒れないことを祈らんばかり(汗)
と言いながら、一読者としては今の刊行速度で読めるのはすごくありがたいことだなと思います。

ところで、ブログでもお世話になっている石踏さんから、『ハイスクールD×D』の見本を頂きました。先輩作家の石踏さんから見本を頂いて本当にいいのだろうかと嬉しい悩みを抱えつつ、自分自身楽しみにしていた本だったので、多くの書店さんより一足先に読ませて頂くことに。

ネタバレについては多くの読者さんも望むところではないと思いますので、ちょっと別の切り口から読んだ印象を。

◆『ハイスクールD×D』

石踏さんがブログでも言及されていますが、学園&悪魔ものです

今までのスラッシュドッグや電蜂なども主人公は学生でしたけど、主人公たちが学園生活を楽しめていたかというと、そうではなかったと思います。(もちろん、襲いかかる危機にどう対抗していくかが魅力だからという部分がありましたが)
しかし今回は、登場人物たちは学園生活を満喫してますし、その楽しい日々を守ろうとしている意識がすごく伝わってくる内容で、それが今回すごく明るくハイテンションで描かれてます。悩みもあるけどそれを吹き飛ばすくらい明るいキャラ、これが今回の魅力ではないかと思います。明るく、そして良い意味でお馬鹿なメンバーたち。だけどやるときにはやる、みたいな。
そこにみやま零さんのイラストが加わって、とてもインパクトのある彩りを添えてます。

さて最後に、注意事項のつもりだけど、もしかしたら褒め言葉かもしれないというものを一つ。
……これは石踏さんもご自身のブログで何度となく書かれているので言っちゃってもいいはず。
『ハイスクールD×D』、は色々な意味で『男の子向け』です。 
多くは言いません、察してください。

というわけで、そんな『ハイスクールD×D』、そして『生徒会』、今月20日刊行です。


追伸:石踏さんへ
ブログで「ハイスクールD×Dはエロイです」を連呼されると、それを紹介する立場としては照れというか恥ずかしいというか、背中がむずむずするのです。
……うぅ、どうご紹介すればいいのか迷いましたです(笑)


追伸:葵さんへ
ふふふ……ipodをtouchに切り替えられるのなら、それに詰めこむサントラはワタクシめがご用意いたします。この日のために、ペルソナ3のサントラを3セット実家から持ってきました(ペルソナ3はアレンジとかオーケストラとかで複数種類出ているのです)(



以上、報告終わりです。
来週明けにはHPなどの更新お知らせなどブログでお知らせしますので、次の更新はあまりお待たせしない……はず。
それと、申し訳ありませんが前回のコメントへのお返事は割愛させてください。全部大切に読ませて頂いてるのですが、ちょっと今日は疲労が……
[PR]
by sazanek | 2008-09-18 21:51 | 報告