カテゴリ:報告( 53 )

販促の前に


そもそも販促用の物をまだ手がつけられていないという……

というわけで、今回はその前に少しだけお知らせです。
7月に拙作と同日に刊行されます、『Dクラッカーズ』という小説の短編集があります。
『BBB』でお馴染みのあざの耕平先生の前作でも有名です。「あざの・スロースターター・耕平」という異名を世に広めた作品としてもお馴染みですね(ォィ)。名実共に、富士見ミステリーの代表作の一つと言っても過言ではないと思います。
で、コレ、色んな意味で要チェックです。
何が要チェックかは申しませんが、当日ちょこっと思いだして見てくださいませ~(そして、気になったあなたはそのままレジへGO!)

というか、他人の本の紹介の前に自分のを考えろという感じです。お手紙のお返事もまだ一通も書けてないです……さあどうしよう。ドキドキを越えてワクワクしてきました。末期です。
[PR]
by sazanek | 2007-07-13 22:33 | 報告 | Trackback | Comments(8)

涙が出そうになる瞬間


今日たまたま、親の知り合いつながりの人に対し、「細音啓」とサインしました。
サインしたのは自分のデビュー作たる『イヴは夜明けに微笑んで』です。

その本、ぼろぼろでした。
頁なんかもところどころ変色して擦り切れてて、新品とは絶対言えない本でした。
それを見た時、本当に嬉しくなりました。
「この子、本がこんなになるまで読んでくれたんだな」と。
こうやって読んでくれる人が一人でもいる間は、絶対弱音も吐けないし吐かないし吐きたくないと心から感じます。

----------------------------------------------------------------

というわけで、そろそろ7月20日、三巻の刊行日が近づいてきました。
『黄昏色の詠使いⅢ アマデウスの詩、謳え敗者の王』

3作目となるこのお話が一つのキーです。物語も詠も、可能な限りを詰め込みました。
ちょっとその具体例を申し上げますと、
1巻『イヴは夜明けに微笑んで』の本文+イラスト+後書き(細音+竹岡様)+解説
これらを全部合わせた頁数を
三巻『アマデウスの詩、謳え敗者の王』の本文だけで上回ります。


もちろん頁数ですぐさま本の価値は決まりませんが、要は「細音、気合い入ってるんだな」という
一つの参考にしていただければ嬉しいです。
(それに、1作目は受賞作ということもあり、自分の中でも特別な思い入れがありますし)

そのようなわけで、7月20日
『黄昏色の詠使いⅢ アマデウスの詩、謳え敗者の王』
どうか宜しくお願いします。ご期待に応えられるよう、全て出し切った作品です!
[PR]
by sazanek | 2007-07-10 22:18 | 報告 | Trackback | Comments(14)

ドラゴンマガジン


売ってました。家族にあげる用ということで1冊購入。

……ええと、本当はこれはあまりネタにならないのですが、なぜ本日日記を書いているかと言いますと、きちんとお伝えしておこうかなと思ったものがありまして。

Q 「メールアドレスは公開されているのですか」

A ええと……大変分かりづらくて申し訳ありませんでした。実は  自分のサイト の右のメニュー欄 の一番下辺りにこっそりメールフォームを設置しておりました。こちらからこっそりご感想等を頂けることもあり、一応毎日チェックしております。

  ──でも、実は自分も分かりづらい場所に置いたものだなと(笑)
  そのようなわけで、こちらの方にもメールアドレスは設置しておきますです。
  何かございましたら、そちらからご一報をば~。
[PR]
by sazanek | 2007-05-31 19:59 | 報告 | Trackback | Comments(14)

ドラゴンマガジン、短編のお知らせ


二巻を既にお読みいただいた方はご承知かと思いますが、
今月末から7月までの三ヶ月、月刊ドラゴンマガジン誌上で『黄昏色の詠使い』の短編を
集中連載させていただくことになりました。

第一回目はカラーイラストも含めた特集も組んでいただけるようなので、どんなものになるか、
自分も今から楽しみだったりします。

※ 短編集等の予定は……えっとぉ……お、お手紙を! おハガキを!

──というわけで、短編第一回は5月30日刊行のドラゴンマガジンに掲載されます。
なにぶん出費やその他環境の問題などあるかと思うので強くは勧められませんが、もし宜しければお付き合いくださいませ~
(そして、アンケートもお出しいただけると、自分や編集様含め、多くの者が泣いて喜ぶかと思います(これも本当))


--------------------------------------------------

それと、メールをとある方から頂きましたのでお返事を。
mixiの方もはそのまま 細音啓 で検索して頂ければ出ると思います。
ただ、mixiはほとんど更新がないので、本当に三日坊主状態でお恥ずかしいのですが……
[PR]
by sazanek | 2007-05-28 19:50 | 報告 | Trackback(4) | Comments(18)

さて


2巻の用語集は大体書き終わっているのですが、3巻の用語集がえらくしんどいです。
ええ……それはそれは……色々と。

──ネタがないので、今日はこれくらいでお許し下さい!
[PR]
by sazanek | 2007-05-25 21:25 | 報告 | Trackback | Comments(10)

例によって例の如く


生存報告いたします、生きてます。


来週は多分2回くらい更新できると思いますので、宜しくお願いします。
両方とも、たぶん小説絡みですので、来週もちょこちょこと見に来てやってくださいませ~
[PR]
by sazanek | 2007-05-11 19:40 | 報告 | Trackback | Comments(12)

ご報告!


既にドラゴンマガジン6月号や富士見書房の公式サイトなどでご存じの方もいらっしゃると思いますが、ご報告をば。

ええと、今月のドラゴンマガジン6月号で告知がありましたが、 来月のドラゴンマガジン7月号から、『黄昏色の詠使い』を集中連載させていただくことになりました。
7月号&8月号&9月号の三ヶ月分で、全三回。最初の7月号には特集のぺーじも設けて頂けるようです。

固定の登場人物や似たようなお話ではなく、なるべく幅広い登場人物と内容、世界観を3回にわたって描ければいいなと願い、現在取りかかっている最中です。
おそらく、今まで出てきた登場人物はほとんど、その3回のうちに出てきます(そのようなわけでして、できれば、3回とも是非お読み頂きたいデス)

そしてもう一つ──
黄昏色の詠使いⅢも、集中連載に合わせ、7月刊行予定です。
5月の二巻刊行から、二月後。
あまり間がないペースですが、実は3巻が『黄昏色の詠使い』の中で一つのキーになる予定です(頑張らなければ!)


というわけで。
以下、5~7月のスケジュール


【5月】

19日  黄昏色の詠使いⅡ 『奏でる少女の道行きは』
30日  ドラゴンマガジン7月号  連載一回目&特集  


【6月】

末日   ドラゴンマガジン8月号  連載二回目

【7月】

第一週  黄昏色の詠使い 用語篇 Ⅱ巻分更新 
 未定   黄昏色の詠使いⅢ 『────────』 刊行予定
 末日  ドラゴンマガジン9月号   連載三回目



大体、このような感じです。
なんかこう、5&6&7月で色々とわさわさ慌ただしい感じですが、
Ⅱ巻、Ⅲ巻、そして短編共々、なにとぞ宜しくお願いします!
[PR]
by sazanek | 2007-05-02 01:00 | 報告 | Trackback | Comments(14)

黄昏色の詠使い・世界用語篇


なんとかひとまずUPいたしました。
もし宜しければ御覧ください。


ここの『novel』 → 『用語』 



という場所から入れます。

現時点については1巻終了時での解説に留まっておりますので、2巻が刊行されれば、その都度追加していけたらなと思ってます。

あ、あと……非常に見づらいのはご容赦くださいませ!
[PR]
by sazanek | 2007-04-19 23:28 | 報告 | Trackback | Comments(13)

生きてます、生存報告

ただ、すいません。
頂いたコメントの一つ一つにお返事が出来ないくらい、今実は厳しい状況だったりします。

なにが厳しいかというと──

咳をすると、効果音が「ごほっ」じゃなく「ウゲェッ!」みたいな断末魔になります。


というわけですので、ファンレターをわざわざ下さった方。
必ずお返事致しますので、少々お待ち下さい<(_ _)>


そして、セラフェノ音語解読を進められている方──

ふふふ、この先どうなっても知りませんよー?(謎。ただし、いつか判明するかも)



……ゴフェッ(咳)


今週末までにはきっちり治すべし。治すべし。
[PR]
by sazanek | 2007-02-07 20:36 | 報告 | Trackback(3) | Comments(16)

報告



ちょっとだけ良いことがありました まる

……そしてすいません。
普通に朝のお仕事の方が忙しく、普通に死にかけております。

報告の続きは月曜日の夜にさせてください<(_ _)>
[PR]
by sazanek | 2007-02-01 22:31 | 報告 | Trackback(1) | Comments(6)