「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:雑記( 5 )

ふにゃっております


コメントやお手紙、メール等で「インフルエンザに気をつけて」というメッセージをたくさん頂きました。
徐々に流行ってきたんだなあと、休日は怖々と家にこもってます。

冬も近づき、そろそろスーツも本格的に冬物へと衣替え。
ちなみに細音宅では早くも暖房が入りました。電気代がやばそうです(汗)



ところで、本日は珍しくも作品のお話をトピックに。
※主に「エデン」から読んでくださった読者向けのお話です。

◆『氷結鏡界のエデン』の言語について

眠れる楽園に彩られ
Yu/ Uhw =C r-sanc uc Eden

流れ落ちる星、時、夢はまぶたを閉じる
term-l-pile xel, xin, ole fusen elchel   (『氷結鏡界のエデン』より、第七天音律から抜粋) 


メール等でもご質問をいただくのですが、上記のような詠唱に用いられる言語は、現存のものではなく『エデン』の世界の独自言語になってます。

『エデン』については巫女言語、幽幻種の用いる言語(正式名称不明)の2パターン

あとがきのスペースがあれば書きたかったのですが、ただ文字を並べているのではなく、それなりに文法から作り上げてますので、ある程度の読解が可能なはずです。
もちろん読解は全然必須でなく、細音としても詠唱のためのアクセント程度に考えているのですが、一応、読解された方にはちょっとしたおまけとして、読解に成功された人は、幽幻種の詠唱で「■■■……■」とルビが振ってある部分が読めるかも。……お話が進めばいずれ明らかになるのですが(笑)

あと、ヒントを下さいというご質問も時々頂くのですが、ヒントの塩梅がちょっと難しく、細音の方でも時間がとれなくて……まあ、あくまでおまけ程度の要素ですし、挑戦される方はせっかくですからノーヒントで挑戦してもらえれば嬉しいです。
(シェルティスの「エデン・コード」と、「別の誰かの詠」を比較すると……?)


……いやはや。なんだか真面目なことを書こうとすると疲れます(汗)

うん。来週はもう少し軽い話題にしよう。……そうします。
[PR]
by sazanek | 2009-10-18 17:54 | 雑記 | Trackback | Comments(21)

三連休~♪


目医者行って視力を計ったり寒中お見舞いを書いたりした三連休も、今日でいよいよ終わってしまうんですねー、まだまだ休み足りないのに(汗)。

視力は
右……0,6
左……0,15 でした。
調子が良いときは右が0,7いくので裸眼でも車の運転ができるのです。(でも乱視持ちで危なっかしいので、裸眼のままでは絶対運転しないと思うけれど)

今週はまた週の中頃~週末の間に更新できると思います。
その時にはいつもよりちょっと多めの更新になるかと思うので、また覗いてくださいませ~!

※最近やたらいらっしゃるスパム君ですが、どうも特定のキーワードに惹かれてやってきてるのかな。ちょっとその部分の日記に対してこちらから「コメント禁止」処理を施してみました。
はてさてどうなるやら~(汗)
[PR]
by sazanek | 2008-01-14 19:17 | 雑記 | Trackback | Comments(10)

風来人が帰ってきた


それは仕事の帰り道。

あまりの混雑で列車の扉が開かないという悲劇を垣間見たさざねです。
人が入りすぎて扉が閉まらないという現象はたびたび見るのですが、扉が開かないというのはレアな気がします。

さて、某先輩作家さまから
「さて細音クン、ちょっと音楽ネタやってみましょうか」と背中を叩かれた気がします。
こんなバトンを頂いて放置するとなれば後輩失格。ではさっそく参りましょう。

























風 来 の シ レ ン 3
   発 売 決 定 !




……え~、ごめんなさい。
あまりに上のニュースが嬉しかったもので……

本日は非常に珍しく、ゲームの音楽ではなくゲームそのものの話題です。
これは本来せきなさんの結界(テリトリー)なわけですが、せきなさんがゲーム音楽ネタでしたのでさざねはゲームネタをやってみようかなと思いました。(あまのじゃく)

「不思議のダンジョン 風来のシレン3」

不思議のダンジョン──それは、ダンジョンをクリアしても死んでもlv1・無装備・無アイテムからやり直しという、既存のゲームの常識を覆したシステムを採用したゲームです。
どんなに良いアイテムを持っていてもレアな武器を持っていても、一度ダンジョンから出れば全て消滅。レベルも1にやり直し。

「なにそれ、つまらないじゃん」
そう思った貴方、そんな貴方にこそプレイしてもらいたいゲームなのです。

潜るごとに姿を変えるダンジョン。落ちているアイテムも遭遇する敵も変化する。……そう、これは何百回何千回遊んでも飽きが来ないのがウリのシステム。

ダンジョンで死んでも生還してもレベルは初期化。アイテムも消滅。千回死んで千回涙を流して、それまでのプレイ時間は一見徒労に終わったように思えます。
だけど、プレイヤーとしての自分の経験値は確実に蓄積されていく。どんな敵がいてどんなアイテムがあるのか。
「今までの自分なら死んでいた」環境に出くわして、それを自分が今まで積み重ねてきた経験を活かして見事に乗り越えた時。一般のゲームとはひと味違う、「プレイヤー自身が成長した」という感動があると思います。

千回死んで千回悔し涙を流して、それでも1001回目にクリアできた時の感動はひとしおです。
(予言しましょう──せきなさんが「風来のシレン3」を買う確率100%)

普段さざねは音楽かストーリーが気に入ったゲームしか買わないのですが、
この「風来のシレン」だけは唯一、システムとキャラクターが目当てで買います
それくらいお薦めの一品です。というわけで、シレンの為だけに任天堂wii買ってきます~!





……でもいつプレイできるかはまだ未定。
しばらくは我が家で寝かせることになりそうです(涙)


えーと、ごめんなさい。頂きましたコメントへのお返事はまとめて日曜までには何とかいたしますです……
[PR]
by sazanek | 2007-09-06 22:05 | 雑記 | Trackback | Comments(18)

お誘い

チャット会なるものにお呼ばれ頂きましてありがとうございます。複数人の方からお誘い頂いたのでこちらでお返事させて頂くと、……ちょっと厳しいです。スケジュール的に。あと、単にそのためのツールも無いというのが最大の原因でもありますが。
そのようなわけで、また別の機会にお願いします~(涙)
[PR]
by sazanek | 2007-06-27 20:05 | 雑記 | Trackback | Comments(1)

どうしようもない4月1日

エイプリルフール企画

終了!

[PR]
by sazanek | 2007-04-01 00:00 | 雑記 | Trackback | Comments(25)