カテゴリ:刊行予告( 28 )

『世界の終わりの世界録8』慟哭の神霊 9月23日刊行です!

「今年もはや五ヶ月が過ぎ」…というのが前回のブログ記事だったわけですが、
はや九ヶ月が過ぎようとしていることに唖然としている細音です。

そして、ここ数日でめっきり寒くなってきましたね。
今日にいたっては豪雨のなか、寒さに身体をふるわせながらこのブログを書いてます。


さて本題になりますが、タイトルの通り
『世界の終わりの世界録8』もいよいよ明日刊行です。
第8巻の表紙は氷の将魔ルルフォニカ。ふゆの先生の「青」の色合いが本当に綺麗で、ぜひ本屋さんで並んでいるのを見て頂きたいなあと。
(画像クリックでamazonへ)
f0084850_13575629.jpg


表紙に登場ということは当然ルルが出るわけですが、他にも冥界からゲストキャラも参戦…?
レンと同行する変わった顔ぶれにもご注目ください。

さらに――
月刊コミックアライブにて連載中のコミックス版も2巻が同日発売です。
(画像クリックでamazonへ。もしよければ1巻もセットに、ぜひぜひ)
f0084850_1334381.jpg



そして特典情報ですが、
こちらMF文庫J公式サイト様のブログで取り上げて頂いています。

《新刊特典》
●ゲーマーズ様:イラストカード
●COMIC Zin様:ポストカード

《新刊・既刊特典》
●全国のアニメイト様、ゲーマーズ様、とらのあな様、メロンブックス様にて共通
「SPECIAL STORY 始まりの、その一つ前——」
短編SSとレン&ヒロイン3人のパラメータ設定表などがついてます。


お近くに特典付きのお店があれば、ぜひそちらにお立ち寄りを。
『世界の終わりの世界録8』巻とコミック2巻どちらもぜひぜひよろしくお願いします!



《追伸》
そうそう、そして既にtwitterでは発表しておりますが、
今年の11月にガガガ文庫様にて新作を発表することになりました。
こちらもまたあらためてお知らせいたしますね。
[PR]
by SazaneK | 2016-09-22 13:58 | 刊行予告 | Trackback | Comments(4)

『世界の終わりの世界録7』 5月25日(水)刊行です

今年もはや五ヶ月が過ぎようとしてるんですね。
年賀状を書いていたのがもう半年前ってどういうことなの……?

さておき、そんな時間の経過のなか『世界の終わりの世界録7』もいよいよ刊行ということで、特典情報などのお知らせにあがりました。
第7巻の表紙は女神レスフレーゼ。ふゆの先生の神々しいイラストが映えてます。

f0084850_16313450.jpg


6巻の続きということで、レンがどんな再出発を遂げるのか見守っていただければ幸いです。
さておきメインのお知らせである特典情報へ――

特典情報の画像まとめは、こちらMF文庫J公式サイト様へ。

《新刊特典》
●ゲーマーズ様:書きおろしSS
●アニメイト様:カバーイラストの特製カード
●とらのあな様:書きおろしSS
●メロンブックス様:書きおろしSS
●COMIC Zin様:ポストカード
●Wonder Goo様:ポストカード

《既刊特典》
●1~6巻までのSTORY DIGEST BOOK
こちらは既刊を買ってくださった方に付く特典です。一部店舗での実施ですので、ご確認される場合にはお店の人に特典の有無を聞いていただければと。

《電子書籍BOOKWALKER様での購入》
●エリーゼ編短編小説『デーモンクエスト』:エリーゼとルルと魅亞の3人で大冒険! 悪魔がパーティーを組むとトラブルばかりという…?
(今回も文庫換算で40P越えという無茶をやりました)


※一部特典の画像。最後の画像だけbookwalkerにリンクを張っています
f0084850_16482427.png

f0084850_16484169.png

f0084850_16485570.jpg



新刊既刊、電子書籍とそれぞれに特典がついていますので、
お近くにお店がある方はぜひ発売当日にお立ち寄りいただければ嬉しいです。

どうぞよろしくお願いします!
[PR]
by SazaneK | 2016-05-23 16:47 | 刊行予告 | Trackback | Comments(4)

世界の終わりの世界録5巻とドラマCD

あっという間に夏が過ぎて秋も深まってきた気がします。
巷では食欲の秋と言いますが、細音はここ最近もっぱら『夜ごはんに炭水化物は食べない』制限を課していまして(おのれ運動不足……)、食欲の秋は残念ながら来年に期待したいと思います。
本ブログは、由緒正しき「読書の秋」を応援しています。


というわけで、今日は拙作の刊行まわりのお知らせを!
もう刊行が迫ってきましたが、

『世界の終わりの世界録5 降魔の大皇』 
10月23日(金)刊行です!

f0084850_23193214.jpg


今回も、発売にあわせて各専門店様で書き下ろしSS・特製カード等の特典がつきます。
詳細についてはMF文庫J編集部ブログ様がまとめてくださっています

・ゲーマーズ様:書き下ろしSS
・アニメイト様:特製カード
・とらのあな様:書き下ろしSS
・メロンブックス様:書き下ろしSS
・COMIC ZIN様:特製カード
・Wonder GOO様:特製カード


なお、書き下ろしSSの内容は『4巻から5巻の間のエピソードで、覇都エルメキアから脱出したレンたちのトラブル航海編』になっています。


そして今回からの特別企画なのですが、
ありがたいことに電子書籍サイトBook Walker様で『世界録』が好評とのことで、上記の専門店様とは別のかたちで『世界の終わりの世界録』の5巻、6巻、7巻リリースに合わせた連動企画を行っていただけるそうです。

『世界の終わりの世界録5』、『世界の終わりの世界録6』、『世界の終わりの世界録7』
期間限定になってしまいますが、それぞれ新刊をダウンロードして頂くと、書き下ろしの特典小説電子書籍版(3作とも文庫換算40pくらい)がついてきます。

f0084850_032592.png

2015年10月の世界録5巻 →  特典小説 『世界の終わりの世界録 ドラゴンリバイヴ』
2016年2月頃の世界録6巻 →  特典小説 『???』
2016年6月頃の世界録7巻 →  特典小説 『???』


三大姫にスポットをあてて、レンと冒険に出る前のキリシェ・フィア・エリーゼの短編です。
本編に組みこむ程ではないけれどSSだと収まらないというボリュームの構想がいくつかあって、この機会にまとめて書きたいなぁと思った短編集になります。

※この電子書籍版の短編3つについては、まだまだ未確定ではありますが、
この3つ+新たな書き下ろし等を加えて後々に短編集みたいな形で出したいなと構想中です。

電子書籍の方には特典として少し早めにお披露目、という感じに思っていただければ。
短編集…うん、出したいなぁ。出せるよう頑張ります!


というわけで特典のお知らせでした。
お近くのお店で手に入るという場合には『世界録』5巻と一緒に楽しんで頂ければ嬉しいです。
6巻も既に全力で執筆中ですので、またどうぞよろしくお願いいたします!
[PR]
by SazaneK | 2015-10-21 22:56 | 刊行予告 | Trackback | Comments(4)

ドラマCD『青の妖精と銀世界の騎士』リリース!

『世界の終わりの世界録』のオビやMF文庫J公式ブログ等で今までお知らせがありましたが、
『世界録』5巻と同日の10月23日(金)
『世界の終わりの世界録ドラマCD 青の妖精と銀世界の騎士』がリリースです!


f0084850_0393624.png



内容は、作中1巻の時間軸を舞台にしたオリジナル脚本です。
炎の将魔アシェンディアの下へ向かう途中に起きたちょっとしたイベントということで、気軽に聴いてもらえる雰囲気にしつつも、小説1巻にもしっかりと繋がる内容に…というのが達成できていれば嬉しいなと。
今回はこの脚本を7名のキャストの方々に演じていただきました。

それがもう…収録がすごく楽しかったです!
今回はそうしたキャストの方々の紹介と特典のお知らせです。



f0084850_23153536.png


キャスト&登場キャラのご紹介♪




レン役――内田雄馬様
レンは「普段は穏やかに、いざという時には熱っぽく」とお願いしました。
(伝える際に細音が緊張しすぎて当時の記憶が真っ白なのですが…そういう方向で…)
実際、レンに関して前半は楽しげに、後半のバトルパートでは力の入った熱演に圧倒されました。レンらしい熱い演技を聴いて頂ければ幸いです。

キリシェ役――洲崎綾様
キリシェは「可愛らしさの中にも凜とした雰囲気を」とお願いしました。
と言いながらも今回のキリシェは普段にも増してマイペースというか、雪遊びに夢中になる役です(笑)
そんなキリシェの可愛らしい姿をドラマCDの中でしっかり演じて表現してくださっていますので、どうかご期待ください。

フィア役――巽悠衣子様
フィアは「旅団の中で一番大人らしい佇まいで、かつ色っぽさのあるお姉さん」とお願いしました。
そんなリクエストに見事応えていただいて、ドラマCDから響く声はフィアらしさを感じてもらえるのではないかなと。
裏話)実は、細音の過去作『氷結鏡界のエデン』ドラマCDでも春蕾という内気な少女を演じてもらっていたり。数年越しに再び、今度は別方向のキャラクターではありますが、フィア役をお願いできると決まった時には、真っ先に「この方なら安心して任せられる!」と思った方でもありました。

エリーゼ役――西明日香様
エリーゼは「元々は魔王で、今はいたずら好きな子供っぽく。明るく快活に」とお願いしました。
脚本の中ではキリシェと二人でとにかく遊びまくるのがエリーゼです。
収録中はまさにそんな感じで、エリーゼ役を楽しく演じてくださっていました。声の調子や雰囲気もすごく脚本に合っていると思います。

冬妖精役――本渡楓様
冬妖精と書いて、作中では「スノウリィ」と呼びます。
今回のタイトルにある「青の妖精」に関わりが……?
そして演じるにあたっては、「ちょっと内気で、可愛らしく、儚い感じで」とお願いしました。
ちなみにこの妖精、人の言葉が喋れません。そういう状況でどうやって意思を伝えるのか――難しい役にもかかわらず、本番ではとても素敵な演技をしてくださったことに感謝です。

「紅蓮猫」メリス――松井恵理子様
紅蓮猫と書いて、作中では「マンティコア」と呼びます。
細音の世界観ではいろいろな物語に出てくるお気に入りの生き物でもあります。
この「世界録」では、真剣な場面でもどこかとぼけた感じの魔獣をイメージしていましたが、まさしくそれにピッタリの声で演じて頂きました。独特な口調で喋りますが、これは人語を喋る猫っぽい生物としての符号になります。そういうパートも楽しんで頂ければ。
ちなみに今回の脚本にあたっての新キャラ……と思いきや、実は『世界の終わりの世界録』3巻プロローグで登場済みです。よければ探してみてください。

「炎の将魔」アシェンディア――植田佳奈様
脚本が1巻中ということで、栄えある1巻ボスであるアシェンディアも出てきます。
アシェンディアに関しては「悪魔らしく怖く、そして妖艶に、余裕のある口調で」とお願いしました。出番こそ限られていますが、ドラマCDではその雰囲気をとても印象的に演じてくださったと思います。
ちなみに本編5巻は冥界編ということで、アシェンディアの登場は…これはぜひ小説を読んで確かめて頂ければ嬉しいです。




f0084850_2251242.png

特典のご紹介♪




今回のドラマCDでは、次の専門店様で買うとお店ごとに特典がついてきます。

・シーサイドSHOP様:出演者キャストトークCD
・アニメイト様:特典SS『ドラマCD収録インタビュー キリシェ編』
・とらのあな様:特典SS『ドラマCD収録インタビュー フィア編』
・メロンブックス様:特典SS『ドラマCD収録インタビュー エリーゼ編』


SSの内容は、「ドラマCDを収録し終えたレンが、キリシェとフィアとエリーゼにドラマCD収録の感想をインタビューする」という一風変わった物になります。レンは頑張ってるのに誰一人として真面目なインタビューにならず…という気楽な会話集なので、こちらも手に入るようでしたら楽しんで頂ければ幸いです。


そして今回のドラマCDのリリース記念に、
出演者である4名の方々によるキャストトークイベントの開催が決定しました!
●10月31日(土)
アニメイト横浜店(11:30~)、HMVららぽーと豊洲(16:00~)
出演者: 西明日香様(エリーゼ役)、巽悠衣子様(フィア役)
●11月8日(日)
アニメイト横浜店(11:30~)、とらのあな秋葉原店C4Fイベントフロア
出演者: 洲崎綾様(キリシェ役)、内田雄馬様(レン役)

参加方法の詳細については以下のとおりです。
HMVららぽーと豊洲様はこちら 
アニメイト横浜店様はこちら
とらのあな秋葉原店C様


ぜひお店に聞きに来てくれると嬉しいです!
どんなトークが繰り広げられるのか細音も楽しみ。(タイミングがあえば、細音もこっそりいくつかのお店に行きたいなと思ってます)


リリースまであと3日です。
同時発売の『世界の終わりの世界録』5巻と一緒に、よろしければ聴いてください!
そしてキャストトークにもぜひぜひお越しください!
(……というわけで、お知らせ用のカウントダウンイラストも一緒に)

f0084850_005718.jpg

[PR]
by SazaneK | 2015-10-20 19:20 | 刊行予告 | Trackback | Comments(7)

『世界の終わりの世界録〈アンコール〉』3刊行です

『S.I.R.E.N.』4のご感想、ツイッターやブログでたくさん頂きましてありがとうございます!
3巻までのバイオテスタ編から新約召喚編へと変わり、新しいキャラクターたちも登場して、次の5巻で新しいステージに進むような予感です。


ほぼ一月ぶりの更新&ご報告。

 『世界の終わりの世界録〈アンコール〉』3巻
2月25日(水)
発売です!

f0084850_621719.jpg

今回もふゆの春秋先生の渾身のカバーイラストが目印!
優しい感じながらも綺麗ですごい素敵です。キャラに関しては大天使フィア。今回の秘境は『天界』ということで、それにふさわしく天使verに。

そして、カバーにもあるように『コミカライズ決定』です!
どの媒体で・いつ・作画担当の先生などは、またこれからなるべく早くご報告できればと思います。


■3巻についての特典

★ 既刊フェア。
特典のお店で『世界録』の1巻or2巻を買うとSSペーパーがついてきます。
アニメイト様、精文館書店様、三洋堂書店様では全国各店で展開してくださっています。
(詳細は↓の画像をクリック!)
f0084850_693966.jpg


★ 新刊フェア
《アニメイト様》:特製クリアしおり
《アニブロゲーマーズ様》:書き下ろしSS入り4ページペーパー
《とらのあな様》:書き下ろしSS入り4ページ冊子
《メロンブックス様》:書き下ろしSS入り4ページリーフレット
《COMIC ZIN様》:特製イラストカード
《Wonder Goo様》:オリジナルポストカード
《TSUTAYA様(一部)》:書き下ろしSSペーパー


特典見本は、MF文庫J編集部様のブログをぜひご覧ください!


今回は新刊&既刊ともに特典多めに展開して頂いています。感謝~!
SS書き下ろしペーパーも頑張ったつもりですし、イラストカードやクリアしおりも綺麗なので、お近くにフェア対象のお店がある場合には、ぜひお立ち寄りいただければ嬉しいです!

ではでは、とりいそぎご報告までー。
『世界の終わりの世界録』3,どうぞよろしくお願いいたします!
[PR]
by SazaneK | 2015-02-24 06:31 | 刊行予告 | Trackback | Comments(3)

世界の終わりの世界録〈アンコール〉』 刊行です



7月21日追記:『世界の終わりの世界録』店舗情報を追加しました!


Rh/ Nel Ar, KyelS ele kiss-I-corn.
f0084850_22441365.jpg

『世界の終わりの世界録〈アンコール〉』  
MF文庫J様より7月25日(金)刊行です!
イラスト:ふゆの春秋先生
  



というわけで、以前よりお知らせさせて頂いていた『世界の終わりの世界録〈アンコール〉』、
7月25日(金)刊行です。 (以前に23日と書いていまして、失礼しました)

何というか、本作は自由に、そして思う存分に楽しく書かせていただいた物語でした。
良い意味でファンタジーらしさというか、物語はもちろん、世界観そのものの面白さも描いていきたいなと思う作品になったと思います。
なお、執筆中にどんどんテンションが上がっていって、後半の山場からエピローグまでを書き上げた後、その反動で体力の消耗が大変なことに……(笑)

f0084850_22523880.png


なお今回は、本シリーズに関わるデザイナー様も細部まで最高に素敵なデザインを考えてくださいました。
(目次ページ:MF文庫J様ブログより拝借)
ほかにも巻の細かい装飾にも力を入れて頂いているので、ぜひそちらは、当日にお手にとって見て頂ければ嬉しいです。

MF文庫J様:ブログ『世界の終わりの世界録』

上記ブログより、特設ページにもアクセスすることができます。
ほかにも口絵の一部だったり、モノクロも一部公開されてますので、よろしければぜひリンクからご覧ください!。

◆特典のお話
各書店様にて、『世界の終わりの世界録』の書店特典も配布していただけるそうです。
その情報については週明けの月曜~火曜のどちらかで、このブログも↓に追記する予定なのと、細音のtwitterでもツイートさせて頂く予定です。

==================================

◆店舗特典
MF文庫J様にて、見本一挙掲載です



==================================


……さて、だいたいそのような感じかなと。
週明けの25日(金)が細音も本当に楽しみです。
ドキドキしながら当日を迎えることかと思いますが、もし宜しければ手にとって頂ければ嬉しいです。
よろしくお願いいたします!





[PR]
by SazaneK | 2014-07-19 23:39 | 刊行予告 | Trackback | Comments(6)

『S.I.R.E.N.2』、6月20日(金)刊行です


前回のお知らせで、沢山の応援のコメントありがとうございます!
『S.I.R.E.N.』はもちろん、MF文庫J様から出版予定の『世界の終わりの世界録〈アンコール)』も、書いていてすごく思い入れのある作品になりつつあるので、本格的にお知らせできるのが今から待ち遠しいです!

さて、まずは6月ですが──
『S.I.R.E.N.(サイレン)』の2巻、20日(金)に刊行です。
こちらは無事に2巻を出すことが出来てほっとしていて、これに関しては本当に沢山の方の応援のおかげで、こうして続きを出すことができました。
日々のコメントやお手紙、ツイッターでのリプライ、リツイート等、本当に嬉しいです。
細音もできるかぎり頑張りますので、どうぞこれからも応援よろしくお願いします!

f0084850_2023441.jpg


なお、今回もカラー&モノクロ共に蒼崎先生のイラストが綺麗です。恰好良い場面と可愛い場面とのメリハリが個人的にすごく素敵な印象でした。
ぜひぜひ、イラストも堪能して頂ければ……!

そのようなわけで、『S.I.R.E.N.2』どうぞ宜しくお願いいたします!
[PR]
by SazaneK | 2014-06-17 20:06 | 刊行予告 | Trackback | Comments(3)

S.I.R.E.N.(サイレン) ─次世代新生物統合研究特区─


だいぶ間が空いてしまったblog更新です。
年度末のドタバタから年度開始の慌ただしさでボーッとしてたり、あと作業中の小説の〆切が、実は明日だけで長編2本あるという恐ろしい状況だったりしています。

そんな中ではありますが、3月20日の『氷結鏡界のエデン』最終巻が発売されて、ご感想のコメントやtwitterでのリプライなど、本当にありがとうございました!
『エデン』という物語はひとまずのゴールを迎えましたが、その世界に住む登場人物たちは誰もがこれからも、また懐かしい顔ぶれとして、ひょんなところで姿を見せるかもしれません。その時には、またその元気な姿を応援して頂ければ嬉しいです。

というわけで──
『エデン』最終巻から2週間ほど経ちましたので、そろそろ本格的な告知を。

f0084850_20362763.jpg


新作『S.I.R.E.N.(サイレン) ─次世代新生物統合研究特区─』(リンク先:ファンタジア特設ページ)
2014年4月19日(土)刊行


上記リンク先にて特設ページを作って頂けまして、こちらも素敵な感じです。

こちらも、あと2週間ほどで刊行になります。
『エデン』に続く新しい世界と物語として、『S.I.R.E.N.』もどうぞよろしくお願いいたします!
[PR]
by SazaneK | 2014-04-06 20:42 | 刊行予告 | Trackback | Comments(4)

すべての終わりの始まりへ


※最初にご報告

PIXIVおいてマイピク申請などのメールを送って下さる方へ。
申請のほどありがとうございます。
今年の当初はマイピク申請などお受けさせて頂いていたのですが、細音の方が来年以降の小説出版関連で目が回っている状況でして、知人、お仕事関連のクリエイター各位をのぞき、現在、ご申請をさせていただく・受けるのが難しい状況です。
本当にごめんなさい。またいつか、PIXIVに余力を回せる時にお願いします!
イラストについては折々に投稿などしていくつもりですので、ときどき足を運んで頂ければ嬉しいです。


===============================================






というわけで、本日のメインである刊行予告へ。


f0084850_21253680.jpg


『氷結鏡界のエデン12』 2013年12月20日(金)、刊行です!

手元に見本誌が届くと、いよいよかという気がしてきました。
4年間も続けてきたシリーズですから、やっぱり最終巻が近づくにつれて自分の中でも緊張感が高まっていくのを感じています。願わくば、手にとって下さる方の期待に応えられるものになっていますように。

内容は、もうこれでもかと詰めこんだつもりです。
ちなみにライトノベルの一般的ページ数において400ページ越えというのはあまり多い事例ではないのですが、クライマックス直前ということもあり、『エデン12』はとにかく内容優先ということを編集サイドにお願いしたうえで、ページ数を気にすることなく書かせていただいたという経緯がありました。
(これについては、最終的にGOサインを出してくださった編集長と担当編集H氏に感謝!)

もうあと一週間を切ってはいますが、今年最後の『エデン』をどうぞよろしくお願いいたします!
[PR]
by SazaneK | 2013-12-15 22:02 | 刊行予告 | Trackback | Comments(10)

1000年先の「これから」へ

f0084850_19345198.jpg

(富士見ファンタジア・イリス特設サイトより)


不完全神性機関イリス5 ―154cmの花嫁機関―

2013年10月19日(土)、いよいよ刊行です!




・・・あっという間でした。

デビュー作である「黄昏色の詠使い」が10冊で、エデンが現在11冊で。そんな中、この「イリス」だけが少し早めの閉幕となります。

といっても、これは最初から自分の中で決めていたことでもありました。
シリーズの内容的にも、エデンとの関連を考えた時にも、この「イリス」だけはあまり長くは続けることなく、そのかわりに1冊1冊を盛り上げて、1つのシリーズとしてきちんと完結できるように。
それがスタート時点での目標でした。

最後のあとがきでもふれていますが、このシリーズは本当に幸せなシリーズだったと思います。
漫画化という嬉しい出来事もあり、幸いにして最終巻でも詰めたいエピソードを詰めるだけ詰めさせていただきました。(最終巻のボリューム、細音史上最厚の416ページです)

コミカライズを担当してくださった滝太郎先生、この場を借りて御礼申し上げます。
イリスの動いてるシーン、本当に可愛らしくて素敵でした!

そしてエデンから続いてイラストを担当してくださっているカスカベアキラ先生、
最終巻のイラスト、これを見たときは本当に言葉が出ませんでした。
最後の最後に、これ以上考えられないとびきりのイリス、ありがとうございます…


そして最後になりますが――
不完全神性機関イリスをここまで読んでくださった全ての方へ。

ありがとうございます。
2年間、ブログやメール、お手紙など、本当に温かい応援に支えられてここまで来ることができました。最終巻、描ききったと思っています。イリスの活躍も、凪の活躍も。

どうか最後まで、イリスと凪の物語を見守って頂けますようお願いいたします!
[PR]
by SazaneK | 2013-10-13 20:03 | 刊行予告 | Trackback | Comments(13)