<   2008年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

しばらく


……ごめんなさい。
今週一杯は忙しそうです。

風邪がはやってるみたいです。
自分もちょっと鼻がグスグスしてて辛い~~!
そのようなわけでして、申し訳ありませんが今回のお返事は難しいようです。
でも、きちんと読ませて頂いております。

ね……寝て体力を回復しないと(ばたんっ)
[PR]
by sazanek | 2008-09-30 21:56 | なにげない日常のこと | Trackback | Comments(10)

サイト更新



 ※ 今回この更新に目を通される前に、『黄昏色の詠使い』7巻をご用意ください。 




用意できましたでしょうか?
そういたしますと、次に実際にp67をお開きください。
ミオが大きく描かれたイラストが載っています。
イラストの枠外、そこに描かれたあやしげなガイドをご覧ください。




■というわけで、ここから先はp67と見比べながらお読み頂くと良い感じです。(何がだ)





(ミオ、「トレミア・アカデミーご一行様」と書かれた旗を振りながら)


はいはーい、みんな注目、注目ったら注目なの!
まずはこの通りをご覧あれ~!
すっごいたくさん屋台があるし、建物も大きいよね。
列車から降りてすぐに見えるのがこの通り、エンジュで最も大きなホルン通りなの。
なんでも初めて列車が開通した時、この通りをホルンの楽隊が演奏して回ったことから
そんな名前になったんだって。

それにちなんで、エンジュの通りは楽器の名前がついてるの。オーボエ通り、クラリネット通り、フルートにトランペット。でも一番ありそうなピアノ通りっていう通りはないんだってさ。
なんでかわかるネイト君? え、わからない? しょうがないなあ。
答えはね、その時の楽隊が通りを歩いた時にピアノは持ってなかったからなの。
あはは、考えてみればそうだよね、ピアノ重いもんね。
ん、エイダ? あたしの親父グランドピアノ担いだことがある? そんなの知りませんっ!

……こほん、気を取り直していっくよ~
みなさま、右手をご覧ください。(こらエイダ、そっちは左だってば!)
右手に見えます赤い尖塔の建物、エンベルメル大図書院です。大陸で一番の蔵書数を誇る図書館なの。観光者用に『本の虫』バッチっていうの売っててね、本を愛する人間なら絶対欲しい逸品なの。
着用に1つ、保管用に1つ、もう1つは恋人にあげるのが通って言われてるみたい。

次にその奥、柱がポコポコ立ってる白い建物をご覧ください。
そうそう、あの改築したばっかりの建物。
あれがラクア旧講堂、エンジュがまだ発展途中の頃からあった由緒正しき
講堂なの。議事だったり講演だったりで今も大活躍なんだとか!
ちなみに旧ってついてる意味はあんまりないみたい、改装しても旧のまんまなんだって。

さあドンドン進むよ!
続いては左手をご覧あれ。(こらネイト君、触媒の叩き売りなんて見てないの!)
左の建物で一番見だつあの青い塔、あれが名詠士の資格を持った人たちの協会が入ってるレインデルタワーですよ~。
本部はエンジュじゃないんだけど、ここの支部も相当大きいみたい。
噂では休日の深夜〇時、ここでカインツ様の極秘写真が
密売されてるとかされてないとか。(えへへ、楽しみだなあ)

まあホルン通りを歩くんだったら最低これくらいはチェックしておかないとだめだよね。
あと大事なのは屋台だよ! ここには大陸の色んなところから珍しい品物が入ってきてるの。あたしが狙ってるのは『幸運の四本腕人形』。四つ葉のクローバーより効くってもっぱらの噂なんだって。
ワラ人形なんだけどワラが腐ってれば腐っているほど価値があ……って、あれ、みんなどうしたの?

え? 覚えきれない?
じゃあまた明日ちゃんと説明するね

 (ミオの凱旋都市ガイドツアー②『アーマとお散歩編』へ続く)


------------------------------------------------


というわけで、本日、サイトにて『黄昏色の詠使い』の項を更新いたしましたー。

上でご紹介した『ミオの凱旋都市ガイドツアー①』のほかに、オラトリオとセラフェノ音語&セラフェノ真言が更新トピックです。
用語集もと思ったのですが、7巻8巻のからみで、8巻分と一緒に更新した方が都合が良さそうなので、そちらは次回にまとめて更新いたしますー。
 (セラフェノ真言のところで文字化けする時があるのですが、その時はブラウザの『表示』→『エンコード』→『日本語』が選択されてるか見てくださいませ)


そう、実はあのミオのガイド、これだけのボリュームが隠れていたのです

も、もうしわけありません……一度間違えて消してしまいました~!!
コメントくださった方がいましたらお詫びいたします(汗)
[PR]
by sazanek | 2008-09-22 21:20 | Trackback | Comments(16)

報告などなど


寝不足ゆえ電車の中、つり革に掴まってガクンガクンしてました。
今日こそは早めに寝ようと思います。

--------------------------------------

……というので終わるわけにもいかず、ご報告をいくつか。

◆『黄昏色の詠使い』の補完サイト
来週の月曜か、火曜の休日を挟んだ水曜日にを予定しています。今回は
◇7巻の用語
◇7巻のオラトリオUP
◇真言の解説部分の第一弾
◇ミオの不思議発言第一弾(これは更新日にこちらのブログでもUPします)

等を更新予定。
ミオの不思議発言集への期待コメントが予想以上に多くてビックリしています。来週の更新は第一弾なので、まずは黄昏本編に則したものをご用意する予定です。
以上、お付き合い頂ければ幸いです(ぺこりっ)


◆9月の新刊など

ブログリンクさせてもらっている葵さんの『生徒会』(絶好調!)と、石踏さんの新作がお披露目になる予定です。

生徒会はファンタジア20周年などでも代表を飾ってまして、本当に大活躍な作品です。
小説以外にも漫画のチェックやドラマガでのグッズのチェック等もなさっているらしく、あえて言うなれば、葵さんが働きすぎで倒れないことを祈らんばかり(汗)
と言いながら、一読者としては今の刊行速度で読めるのはすごくありがたいことだなと思います。

ところで、ブログでもお世話になっている石踏さんから、『ハイスクールD×D』の見本を頂きました。先輩作家の石踏さんから見本を頂いて本当にいいのだろうかと嬉しい悩みを抱えつつ、自分自身楽しみにしていた本だったので、多くの書店さんより一足先に読ませて頂くことに。

ネタバレについては多くの読者さんも望むところではないと思いますので、ちょっと別の切り口から読んだ印象を。

◆『ハイスクールD×D』

石踏さんがブログでも言及されていますが、学園&悪魔ものです

今までのスラッシュドッグや電蜂なども主人公は学生でしたけど、主人公たちが学園生活を楽しめていたかというと、そうではなかったと思います。(もちろん、襲いかかる危機にどう対抗していくかが魅力だからという部分がありましたが)
しかし今回は、登場人物たちは学園生活を満喫してますし、その楽しい日々を守ろうとしている意識がすごく伝わってくる内容で、それが今回すごく明るくハイテンションで描かれてます。悩みもあるけどそれを吹き飛ばすくらい明るいキャラ、これが今回の魅力ではないかと思います。明るく、そして良い意味でお馬鹿なメンバーたち。だけどやるときにはやる、みたいな。
そこにみやま零さんのイラストが加わって、とてもインパクトのある彩りを添えてます。

さて最後に、注意事項のつもりだけど、もしかしたら褒め言葉かもしれないというものを一つ。
……これは石踏さんもご自身のブログで何度となく書かれているので言っちゃってもいいはず。
『ハイスクールD×D』、は色々な意味で『男の子向け』です。 
多くは言いません、察してください。

というわけで、そんな『ハイスクールD×D』、そして『生徒会』、今月20日刊行です。


追伸:石踏さんへ
ブログで「ハイスクールD×Dはエロイです」を連呼されると、それを紹介する立場としては照れというか恥ずかしいというか、背中がむずむずするのです。
……うぅ、どうご紹介すればいいのか迷いましたです(笑)


追伸:葵さんへ
ふふふ……ipodをtouchに切り替えられるのなら、それに詰めこむサントラはワタクシめがご用意いたします。この日のために、ペルソナ3のサントラを3セット実家から持ってきました(ペルソナ3はアレンジとかオーケストラとかで複数種類出ているのです)(



以上、報告終わりです。
来週明けにはHPなどの更新お知らせなどブログでお知らせしますので、次の更新はあまりお待たせしない……はず。
それと、申し訳ありませんが前回のコメントへのお返事は割愛させてください。全部大切に読ませて頂いてるのですが、ちょっと今日は疲労が……
[PR]
by sazanek | 2008-09-18 21:51 | 報告 | Trackback | Comments(16)

色々と


このブログですが、アクセス解析を見るに、今までキャラ名で検索される人ってあまりいないといのが主流でした。
多くが「黄昏色の詠使い」でしたり「セラフェノ音語」等だと思います。
ところが今月、「黄昏色の詠使い テシエラ」 で検索される人が既に3名いらっしゃいました。

…………

……テシエラ?


「黄昏色の詠使い クルーエル」や「黄昏色の詠使い ネイト」ならともかく、なぜテシエラ!?
理由はともかく、テシエラ姐さんは喜んでいることでしょう。(それをアルヴィルあたりがうらやましそうに見つめているという)
というわけで、ちょっとビックリしたトピックでした。


話題は変わって、9月の後半にサイトも更新できるようちょこちょこ作業中です。
今回はセラフェノ音語とセラフェノ真言関係をメインにしたいのですが、おまけトピックとしてミオの不思議発言集なんかも画策中。

8月20日の刊行から一月後というのを狙っているのですが、どうも時間がかかりそうな雰囲気です。9月中9月中と暗示をかけるように進行中ゆえ、早くも頭がグルグルと~(汗)

というわけで、みなさま素敵な三連休をお過ごしくださいー!
(自分はたぶん寝て過ごします。……あああ、ひどい生活)
[PR]
by sazanek | 2008-09-13 10:19 | なにげない日常のこと | Trackback | Comments(14)

横に伸びた!?


突然だけど

本当に頭が痛い時、「頭痛がします」ではなく「頭痛が痛いです」と言った方が、お医者さんも「ああ……これは重症だ」と思ってくれるのではと思いました。
これの別パターンで、身に危険が迫ってる時も「危険が危ないです」と言うと「あー、これはよっぽどヤバイ状況だな」と思ってくれるかも?

そしてこれと同じようなことを小説で書いてしまう細音です。
……いけない、気をつけよう。

まあなぜ頭痛ネタから始めたかというと、8月序盤から一昨日の金曜までちょっとお仕事が大変で頭の中がグルグルしていたからだったりします。とりあえず山場を越えたので一安心。
どんな仕事かと言うのは内緒なのですが、端的に申しますと、今日は一日PCの前で目が回るくらいパソコン作業して、次の日は真夏の炎天下を朝9時から終了時間まで歩き通すデスウォーキングをしたりと、一日毎にギャップに苦しめられてました。

その間、なにげに健康診断があって

血圧……去年とまったく同じ。上も下も。
身長……変わらず


体重……700g 増

……絞ったはずなのに
(毎日歩いたおかげで筋肉がついたと解釈しちゃおう、うん!)
(脂肪じゃないことだけを祈ります)
[PR]
by sazanek | 2008-09-07 09:36 | なにげない日常のこと | Trackback | Comments(23)