<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

時間の合間


なんだか最近、頻繁に更新が出来てる気がします!?

それはさておきー。
原稿と原稿の〆切で1日だけ時間ができたので、
7月~今までに来たお手紙のお返事などをぽつりぽつりと書いてました。お手紙については来た順にお返ししているので、直近に送ってくださった方はもう少しだけお待ちを!(メールについても、そろそろお返事できるかと思います)

そういえば、しばらく小説関連の話題漬けになっていたので別の話題を。
……と思ったら、今日は今日にて18:30には家を出なくちゃいけない用事があって。
ちなみにこれを書いている現在、17:58分。ちょっと今から大急ぎでしたくしなくては~! しかも外みたら、うわっ、雨!? まずいー、傘持っていかないと(汗)

◆エデンのこと。
来週くらいからぼちぼち、購入特典とかも含めてお話できそうな気がします。
また土曜~日曜日くらいに抜き打ちで更新できるよう頑張りますので、よろしくお願いしますー!

 ◆追記(8/31)
 8月18日の刊行予告から、今日この日まで。
本当にたくさんの応援のコメントを頂いています、本当にありがとうございます。
昨日はたまたま時間が空いたため直近の日記へのコメントのお返事をいたしました。

それに加えてということになりますが──

今までの感謝の気持ちとして。
8月18日の「夜明け色の詠使い」予告から今日この日までに頂いたコメント、全て一つ一つお返事できるよう、今、あらためて全てのコメントを大切に読ませて頂いているところです。

数が多いのでもう少しだけお時間いただくことになりますが、8月18日~8月31日までに頂いた全てのコメントにお返事できるよう頑張りますので、どうかもうしばらくお待ち下さいませ。
[PR]
by sazanek | 2009-08-30 17:58 | なにげない日常のこと

詠の先に


黄昏色の詠使い10へのメールやコメント、お手紙等。
たくさんのご感想&応援のメッセージ、ありがとうございます!



最終巻が刊行されて1週間近く経ちますが、その間、本当にたくさんの「声」を頂きました。嬉しいと共に、「ああ、終わったんだな」と自分でもふと感じることがあって、気づけばついぼーっとしてしまうことも(仕事中は、ホントはまずいのですが(笑))

10巻のあとがきにも書いたことなのですが、「黄昏色の詠使い」は本当にたくさんの方の応援に支えられてここまで頑張れた作品だと思います。
今回の感想や応援のメッセージを一つ一つ読ませて頂いて、あらためて、この物語がこんなにもたくさんの方に応援してもらっていたのだと感じて、なんだか胸が熱くなりました。

※本当は一つ一つコメントにもお返事したいのですが、来月刊行のエデンとの兼ね合いもありまして、もう少しお待ち頂けると幸いです。何とか、時間を見つけてお返事していきたいと思います!

そして、これもあとがきからの転用になってしまいますが、「黄昏色の詠使い」というタイトルの物語はこれで「ひとまず」の終わりになりますが、ネイトやクルーエルはもちろん、○○○や○○○○○も、実はまだまだ重要な存在であったりします。これから先、いつかどこかでまた、「黄昏」の誰かの面影を見かけましたら、「あ、元気でやってるんだ」と思って頂ければ、これより嬉しいことはありません。
(伏せ字にする意味はあまりないのですが、こうして書くと意味深に見えるという(笑)。

そしてもう一つ。
このブログに「氷結鏡界のエデン」で検索していらっしゃった人が徐々に増えてきてて、これもやっぱり嬉しかったです。黄昏10の次に出すものだから余程のものじゃないと!と自分に言い聞かせながらずっと準備しているところです。自信作にする、くらいのつもりで頑張っておりますので、どうかご期待くださいませ。
そうそう、9月は葵さん、石踏さん、手島さん等、ブログリンクさせてもらっている人たちの多くとご一緒に出させてもらえるみたいです。……なんというイジメみたいな豪華な顔ぶれ(汗)

●そして、今月「黄昏」の宣伝ばかりで他の作品をご紹介していなかったのですが、
川口さん、「星図詠のリーナ2」。相変わらず素敵なマッピングファンタジーです。個人的に、今回はリーナとエルフの子の友情話だと思ってるわけでして。
f0084850_21304772.jpg


●おまけ
『L』の坂照さんから頂いた素敵な写メール。なんと刊行前にフライング購入してくださって、その日のうちに送ってくれた逸品です。ありがとうございます!
f0084850_21252923.jpg




追記:
誕生日のお祝いメッセージまで送ってくださった方がいまして、本当に何とお礼を言っていいかわかりません。
でも、この応援にお応えできるようこれからも頑張っていこうという気持ちだけは誰にも負けないつもりでいます。どうかここから先も、よろしくお願いいたします。

細音啓 拝
[PR]
by sazanek | 2009-08-26 21:37 | なにげない日常のこと

夜明け色の詠使い











はじまりは、いつだったのだろう













"プレゼント。キミのローブもだいぶ汚れちゃったみたいだからね"
"夜色名詠が元々暗い感じの色なんだから、さっぱりした色の服を着た方がコントラスト
が綺麗だと思うよ──いつかまた、あの夜色飛びトカゲを肩に乗せた時もね"



すぐ帰ってきます。
必ず、そろって帰ってきますから。クルーエルさんも一緒に

夜奏 『あなたは夜明けに微笑んで』
f0084850_18285448.jpg


"どちらか1個選べ。祓名民か、名詠学校かをな"

なーに言ってんだか。
誰の娘だと思ってんの。あたしを信用なさいって。

夜奏『奏でる少女の旋律は』
f0084850_1829681.jpg


"好い風が吹いてきたじゃないか。なあレフィス"

あんた、そのためにここまで来たっていうのか……俺のために。
──無駄にはしないよ。

夜奏『傷持てし者の詩、謳え敗者の王』
f0084850_18291922.jpg


"調律者の二体、ミクヴェクスとアマデウス。その二体の勝負の原則は、
どちらが先に人の世界に名詠されるか"


ネイト、早くおいで。
あなたの最後の答えを聴くためにまってるから

空奏『そしてシャオの礼讃来たり』
f0084850_1829316.jpg



──最終楽章・歌うような口づけで──


「大将からの伝言だ。『一番上で待ってるよ』だとさ」

「もう時間がないんだろ? だから行け、お前が行かなかったらここまで来た意味がない」
「そんな寂しそうな顔しないの。ほら、気合い入れな!」


Dea Neightis sheon rien-c-soaその日少女と紡いだ歌を


真奏『全ての歌を夢見る子供たちの塔』
f0084850_1829457.jpg


「うん、みんなバラバラ。でもそれでいいの」
「みんな一番自分らしい応援で、ネイト君にクルルにエイダ、レフィス君が戻ってくるのを
お祈りするんだから」


ris neoles io, ris steric getie-l-lement Iveia, Ee nes今なお夜明けの少年は、心の奥に抱いている。

真奏『百億の星に少女は祈り』
f0084850_18295840.jpg


「行くよアルヴィル、これが最後だ」
「やり残してたんだ、俺は、ヨシュアと違う方法でヨシュアを超えなくちゃだめなんだ」

「……ありがとう」


Deris bie eche kis meh warbis-l-xeoi ymy sink I  どれだけ時間が流れても、あの日の約束は忘れはしない

真奏『新約の扉、汝ミクヴァへ挑む者』
f0084850_18301248.jpg


始まりは、いつだったのだろう。

愚かな竜と愚かな蛇の争い。名詠式の誕生。
空白名詠。夜色名詠。虹色名詠。
どれもが始まりと呼ぶにふさわしく、だからこそ、どれも絶対の始まりと呼ぶには
及ばない。
だからこそ、僕にとっての始まりは──


Ris sia sophia, De elmei lue, miqvy haul arsic valen mis-la……その詠は、きっと君へと続く歌

真奏『踊る世界、始まりの調律』
f0084850_18303326.jpg


完全なる歌の連鎖。
完全なる歌の共鳴。
人の身には決して再現できぬであろう、それは奇跡と言うべき現象でした。

はじめまして、と言いましょうか。優しき子。


hiz clar yum leya Kyel elmei neoles pheno noi-roo-xin君の下へ続く詠、それを探す物語

真奏『黄昏に愛された者よ、歌と絆と涙を抱いて』
f0084850_18304571.jpg


「それじゃあ一つだけお願いしていいかしら」
「……詠が聴きたいの」
「始まりの詠よ、夜明けの真言とでも言うべきかしら。
まだ誰も聴いたことのない詞と旋律。それを聴きたいの」


 ……ネイト、ありがとう。わたし……

Ris sia sophia, Neight ele, elmei Kyels riss Selah cela-s ── 夜明けの詠は巡り会う。その詠は────



真奏…………



…………



……



ありがとう。わたし……

キミのこと信じてたよ。──ずっと、ずっと最初から。




── Sophit ele Ende その詠は、きっと君に届くから

真奏『夜明け色の詠使い』
f0084850_2152433.jpg





ここまで『黄昏色の詠使い』をお読みくださった全ての方に感謝を。
どうぞ最後まで、ネイトとクルーエルの歩みを見守って頂けますよう、お願いいたします。
[PR]
by sazanek | 2009-08-18 21:56 | 刊行予告

8月と9月と


……ふふふ。
日曜日に更新すると見せかけて、じゃあ月曜日かと思わせて、実は火曜日の更新なのですよ。

というわけでして、更新がおくれまして申し訳ありませんー!(単に更新遅れただけという……)

いろいろと理由はあったのですが、ちょっと山場を迎えている作業があって、それに集中していたりしました。おかげさまで今年一番の山を早くも越えたのではないかと思っているのですが、たぶん一月後くらいには「ここからが本当の山場だ」的なことを言っているかと思います(笑)

と、最近また初コメントくださる方が多くいらっしゃって本当に嬉しいです、ありがとうございます。
もちろん今までずっとコメントくださる方もそうなのですが、とにかく目の前の作業に集中集中!しなくちゃいけない状況が続いておりまして、なかなかお返事かえせなくて恐縮です。
日々いただいているコメントやメールに力を頂いている毎日なので、本当に励みにしてます!
コメントはお返しできていない状況ですが、8月9月と頑張りますので、そちらでお返しできるようがんばらねばー!


◆海外旅行間近
台湾のサイン会、いよいよ来週の8月12日(水)から行ってまいります。
(えー、くどいようですが、日本からのお客様も引き続き募集しております(笑))

で。
成田空港って第1ターミナルと第2ターミナルがあるらしいのですね。(行ったことない人間)
細音は昨日の昨日まで第2ターミナルに集合かと思っていたら、昨日編集Kさんから「第1ターミナルですよね」というご指摘をいただいて勘違いが発覚! ……ふう、危なかった。


◆8月と9月のこと
富士見書房様のHP等でも公開されていますが、
『黄昏色の詠使い10 夜明け色の詠使い』 が8月20日(木)、刊行です
本当に、今まで応援してくださった全ての方に感謝しつつ、こうして本を出せることに感謝です。
なにとぞ、最後までお付き合いくださいませ。

そしてもう1つ。
こちらも角川のHP等で公開されていて、既にコメント等を下さっている方もいらっしゃいますが、
「黄昏」から「楽園」へと続く物語
『氷結鏡界のエデン』 完全新作が9月19日(土)、刊行です
黄昏10のあとにどうしても続けて読んでいただきたくて、編集さんとも交渉を重ね連続刊行させてもらえる運びとなりました。

しかし同時に、やっぱり原点である『黄昏色の詠使い』をまず1つのゴールまで送り出すことが、今まで読んでくださった方への何よりのお礼かなとも思いまして。
『エデン』についての詳しいお知らせは(このブログにおいては)、黄昏10の刊行日以降までは温存していこうかなと思っております。それに、まだしばらくは細かい情報も未定でしょうし(笑)

そのようなわけで、今しばらくは「黄昏色の詠使い10」が本ブログの主役かな?
いよいよ刊行も差し迫ってきて、ドキドキ。

どうか最後まで、ネイトやクルーエルたちの歩みを見守っていただけるようお願いいたします!
[PR]
by sazanek | 2009-08-04 23:20 | なにげない日常のこと